切断から染めまで。手縫いのレザーウォレットができるまで。

オーダー品の長財布です。製作の行程を画像付きで紹介してみました!レザーウォレットがどのように作られているか考えたことはありますか?レザーの切り出し、染色など手間ひまかけて作られているんです。

by wizardleather

View

2.2K

値段

在庫数

手縫いの革製品を製作販売/WIZARD LEATHER

編集日時: 2016/07/05 14:16

こんにちは。
手縫いの革製品を製作販売しています、WIZARD LEATHERの山田ミチローです。

これから不慣れながらも工房や商品の紹介を不定期に書いていきたいと思います。

当工房の商品は、型紙から起こした一点ものです。

上の写真は革をパーツに切り出した状態。
これは長財布の内側部分です。

 

染料を使い、着色も手作業。
下の写真のように乾くと色が薄くなるので先を見越して色を決めます。

一本の糸に二本の針を両端に通し、一針一針縫い上げていきます。
誕生日プレゼント用の特注品でしたので、ご指定のお名前と日付を刻印。

下の写真は外側のパーツ。


フリーハンドで図柄と文字を彫り込みます。
そしてこれも染色。

内側のパーツと合わせて、

 

こば(革の断面)をツルツルに磨けば、

完成です!

この長財布のように文字の指定などもオーダーいただけます。
色もお好みに着色できますので、遠慮なくお問い合わせください。

もちろん完成品も多数取り揃えています。
こちらのサイトへどうぞ!

手縫いの革製品を製作販売/WIZARD LEATHER

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします