真田町のシードル販売をオンラインでも始めました。

人気のシードル販売を始めました。

by VARTオンラインショップ

View

41

値段

¥ 1,900

在庫数

20 ~

真田町のシードル販売をオンラインでも始めました。

編集日時: 2020/09/20 08:30

VARTの実店舗と真田町にある地酒屋宮島のみで販売している「真田シードル2019」が、オンラインショップでもお求めいただけるようになりました!

※2020年9月20日時点の在庫は123本で無くなり次第終了とさせていただきます。

シードル(仏語)は、ヨーロッパで古くから作られているリンゴを原料とした醸造酒です。フランスのブルターニュ地方やノルマンディー地方が有名で、英語ではサイダーと呼ばれています。近年は日本でも生産者が増えており、特に私が住む長野県ではリンゴ栽培が盛んなことから県内各地のワイナリーで醸造されるようになりました。

上田市真田町も果樹栽培のさかんな土地。リンゴに桃にブルーベリーなど小さいながらも多くの果樹園が点在するフルーツの穴場。日差しの多さと昼夜の寒暖差は、リンゴにたっぷりの蜜を与えてくれています。

今回、VARTで販売する「真田シードル2019」は、真田町で25年以上もリンゴ栽培を行っている大松農園さんとの縁で生まれた新たな試み。


園主の堀内さんは、化学農薬を使わず、手間のかかる草生栽培を早くに始めており、標高700〜800mに点在する畑で育てたリンゴはどれも蜜がたっぷり。毎年、常連さんが遠方から買いに来るほどの人気ぶりです。

「真田シードル2019」は、ふじ・紅玉の2品種で仕込み、一次発酵〜瓶内二次発酵を経て、約4ヶ月寝かせた本格派です。醸造は、今やシードル造りの第一人者とも言われる下伊那郡松川町の竹村剛氏に委託した逸品です。


開栓直後はパンのようなふくよかな酵母の香りが漂いながらも、すぐにすっきりとしたリンゴの香りが口の中にひろがります。優しい泡が舌の上でプチプチと弾け心地良く、後味にリンゴの皮を思わせるほんのりとした苦味もあり食欲をそそります。
特定のお料理を求めない懐の広い味わいなので、休日のランチに仲間とイタリアン(生ハムのサラダ、パスタ、ピザなど)でワイワイ楽しんだり、ご家庭の食卓で天婦羅や唐揚げなどのお供としても最適です。


真田の郷から生まれた辛口シードル、是非お試しください。

真田町のシードル販売をオンラインでも始めました。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします