結婚式に招待されたら…代筆無料!オシャレなこだわり男子のご祝儀袋、あの映画を見た人ならわかるはず!?

オシャレで個性的な男前ご祝儀袋は・・・あの映画で注目された「組紐」を使っているのです。代筆無料で安心・便利。あなたらしさは、あなたの想いは、ご祝儀袋を選ぶところからもう始まっています。

by 浮名 

View

13.8K

値段

¥ 1,600

在庫数

1

結婚式に招待されたら…代筆無料!オシャレなこだわり男子のご祝儀袋、あの映画を見た人ならわかるはず!?

編集日時: 2017/06/09 09:58

映画「君の名は。」

 

一度だけならず、二度、三度と、

映画館に足を運んだ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

時空を超えた壮大なストーリー、そして素晴らしい映像と音楽。

 

その映画の中で、特に重要な役割を果たしたアイテムの一つが組紐でした。

 

その組紐について、おばあちゃんのこんな印象深いセリフがありました。

 

「土地の氏神様のことをな、古い言葉で産霊(ムスビ)って呼ぶんやさ。

この言葉には、いくつもの深いふかーい意味がある。」

 

「糸を繋げることもムスビ、人を繋げることもムスビ、時間が流れることもムスビ、

全部同じ言葉を使う。それは神様の呼び名であり、神様の力や。

わしらの作る組紐も、神様の技、時間の流れそのものをあらわしとる。」

 

「よりあつまって形を作り、ねじれて、絡まって、時には戻って、途切れて、また繋がり…

それが組紐。それが時間。それがムスビ。」

 

そんな組紐を使った、婚礼用祝儀袋のご紹介です。

 

 


 

 

水引の代わりに組紐を結んで作った祝儀袋です。


組紐には様々な種類がありますが、

ここでは太さ5ミリほどの金銀の丸打ち紐を使用しています。

結びは、結婚祝いでよく使われるあわじ結び。

結びきり、と言われる結びの一種で、一度だけのお祝いごとに使われます。

両端を持って引っ張るとさらに強く結ばれることから、

末長くお付き合いをしたい、という意味を持っているそうです。

 

紙は、紺・茶・黒の三種類。

 

 

 

 

 

 

よくみると紺にはヨコ縞、茶には絣(かすり)、黒には波縞の模様が入っています。

いずれも光沢があり、洗練された上品さがあります。

また、その光沢ゆえ、角度や光によって様々な表情を見せてくれます。

 

 

 

 

巷では、かわいい素敵な祝儀袋がたくさん出回っていますが、

男性向けの祝儀袋って意外と少なくて、物足りなく感じたことありませんか?

こだわり派で、おしゃれな男性のみなさまに、

また、そんなパートナーを持つ女性の方にも、

是非選んでいただきたい、男前な祝儀袋です。

 

そして

 

代筆無料サービス

 

中袋(お金を入れる白い封筒)も付いております。

代筆につきましては、表書きの名前はもちろん、中袋に金額・氏名・住所を、

心を込めて書かせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

字を書くのは苦手だったり、

あれ、筆ペンあったかな?だったり、

3万円って、漢字でどう書くんだっけ?だったり(笑)。

普段、書き慣れていない字を書くのは、なかなかハードルが高いことと思います。

すべて浮名にお任せ下さい。

ちょっと高級な毛筆と墨汁を使用して書いております。

 

 


組紐の歴史を調べてみると、

はるか昔、縄文時代の土器には、紐の原型である縄の模様が見て取れます。

やがてそれは時代とともに、様々な用途に使われながら発達していくのです。

そしてどの時代にあっても、人々の願いや祈り、意味が込められていました。

組紐は世界各国にあるものですが、日本のその技術は特に優れているのだそう。

私たち日本人は、ムスビというものを、

特別に大切なものとして扱ってきたからなのでしょう。

 

あなたにとって大切な人の結婚。

嬉しくて、幸せになってほしくて。

そんな気持ちは、祝儀袋を選ぶところからもう始まっていると思うのです。

 

お祝いしたい人は誰ですか?

大声で笑いあった親友でしょうか。

長く同じ時を過ごした家族でしょうか。

お世話になった職場の仲間でしょうか。

 

出会ったこと。

楽しかった。

嬉しかった。

うまくいかなかった。

そういう時間、全部。

今までも、これからも。

 

私とあなたとのムスビに、心から感謝を。

あなたとあなたの選んだ人とのムスビに、大きな祝福を。

 

このご祝儀袋に、想いを込めて。

 

 

 

(※注1)本来、祝儀袋は水引を使って結ぶものです。
    また正式なお祝いの色は白であり、色付きは格としては下がります。     
    中でも黒は、本来不祝儀に使用される色です。            
    そのため、親戚や目上の方、会社の上司など、礼を欠いては失礼になる相手や、
    格式のある結婚式で使用されるのはオススメできません。
    友人や会社の同僚・後輩などの親しい間柄や、
    カジュアルな結婚式でご使用くださいますようお願いいたします。

(※注2)中に入れる金額としては、3万円〜5万円を目安に製作しています。

 

 

結婚式に招待されたら…代筆無料!オシャレなこだわり男子のご祝儀袋、あの映画を見た人ならわかるはず!?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします

  • >
  • >
  • 結婚式に招待されたら…代筆無料!オシャレなこだわり男子のご祝儀袋、あの映画を見た人ならわかるはず!?