本物の四つ葉のクローバーを焼き付けて、枯れることなく共にある

浅葱色の四つ葉のクローバープレートの紹介です。 本物の四つ葉のクローバーを、ガラスに焼き付ける技術を活かして、花言葉の「希望」「信仰」「愛情」「幸福」を願う、あなたに寄り添えれば幸いです。

by つづるガラスアート /Glass that connects life

View

1.2K

値段

¥ 5,280

在庫数

5

本物の四つ葉のクローバーを焼き付けて、枯れることなく共にある

編集日時: 2021/05/11 20:56

 

 

 

浅葱色は着物の色を現していた


 

「浅葱色」という言葉ができたのは平安時代頃と言われ、着物の色を表す言葉として用いられました。

新選組の羽織も浅葱色でしたね。

大胆な白い三角の模様と浅葱色の対比が、かっこいいな~思ったものです。

 

 

 

 

 

四つ葉のクローバーを焼き付けて 

 

四つ葉のクローバーには「希望」「信仰」「愛情」「幸福」の花言葉が有名ですね。

葉の一枚一枚に意味があり、四枚である事に意味があるそうです。

中世ヨーロッパでは、十字軍を指す四つ葉のクローバーであったそうです。

 

 

 

貴重である意味合い

 

四つ葉のクローバーは、三つ葉が生んだ突然変異ですが、ご存知のように貴重な植物です。

花言葉にある「希望」「信仰」「愛情」「幸福」は正に追い求めるものであり、奇跡のような瞬間を指すのでしょう。

そして、大切な人を思い、祈るように幸せを願うのでしょう。

そのキモチこそ貴重であり、希少性の四つ葉のクローバーに通じるものがあると思います。

 

 

 

本物の四つ葉は、あなたと願いと共に永遠に

 

本物の四つ葉のクローバーを、ガラスに焼き付ける技術を活かして、あなたの願いを枯れることなく永遠に、

寄り添えれば幸いです。

 

*撮影場所: Indigo 

本物の四つ葉のクローバーを焼き付けて、枯れることなく共にある

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします