日々の暮らしの中に『真鍮のカトラリー』を取り入れる

カトラリーを真鍮にするだけで、いつもの食卓が華やぎます。一生付き合える、育てるカトラリーです。

by 巣まいと暮らしの店トリノス to-reno-su

View

96

値段

¥ 4,400

在庫数

5

日々の暮らしの中に『真鍮のカトラリー』を取り入れる

編集日時: 2019/08/07 17:32

毎日食卓に登場するスプーンやフォーク等は、総称して「カトラリー」と呼びます。

結婚式の引き出物であったり、家庭を持つ際に「とりあえず」で購入したものであったり、そんな方が多いのではないでしょうか。

そろそろ「自分が気に入った良いもの」を選んでみてはいかがでしょうか。

富山県出身、東京の清洲白川にアトリエを持っていらっしゃる守田詠美さんの「真鍮のカトラリー」をご紹介します。


真鍮は銅と亜鉛の合金です。5円玉と同じ素材です。

初めはキラキラとしていますが、使ううちに真鍮独特のくすみが加わり、味わい深い表情に変わっていきます。経年変化を愉しめる「育てる」素材です。



守田詠美さんは金属を金槌で打つ「鍛金」という技法でカトラリーやお皿などを作っていらっしゃいます。

私も実際に使っていますが、手に持った時のバランスがとてもいいです。

バランスはカトラリーにとって大事なことの一つだと思います。

持ち手等に見られる細やかでリズミカルな槌跡に、手作りの温かさを感じ取ることが出来ます。

いつもの食卓のカトラリーを真鍮にするだけで、雰囲気がガラリと変わりますね。



ラインナップは「テーブルスプーンフォーク」「デザートスプーンフォーク」そしてカットしたフルーツやお菓子に添えるとすてきな「ミニフォーク」、そしてチャーハンやスープはもちろんのこと、大皿のおかずを取り分けるときに活躍する「レンゲ」です。

お菓子作りがお好きな方には真鍮の「ケーキサーバー」はいかがでしょうか。

焼きが強めのタルトやガトーショコラに似合いそうです。


頻繁に取り換えることが無いものだからこそ、素敵なお気に入りを選びたいですね。

真鍮の味わいが好きな方に、是非手に取っていただきたいです。

一生付き合えるカトラリーです。



これまでオリジナルのパーツを主に販売していましたが、暮らしや心を豊かにしてくれるような手仕事の温もりがある作家さんの作品を「セレクト雑貨」として販売することになりました。少しずつUPしますので、是非チェックしてくださいね。

日々の暮らしの中に『真鍮のカトラリー』を取り入れる

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします