四季折々のモチーフと共に施された、様々な恋場面。あなた好みの刺繍短歌はどれですか?

5・7・5・7・7の短歌をキャンバスに刺繍した31on(サンジュウイチオン)の刺繍短歌シリーズです。様々な恋の場面が、四季折々のモチーフと共に施されています。お好みのキャンバスはどれですか?

by 31on|刺繍短歌

View

2K

値段

¥ 16,000

在庫数

0

冬の短歌

編集日時: 2016/12/08 10:27


 
街に降る
雪のいずれか
一粒も
君の吐息で
あったのだろう
 
5・7・5・7・7の合計31音の短い詩である「短歌(たんか)」。
短歌を詠う作家のことを「歌人(かじん)」と呼びます。
平安時代から今日まで、1000年以上の歴史を誇る文学スタイルのひとつです。

31on(サンジュウイチオン)は、歌人・鈴掛真による短歌造形アイテムプロジェクトです。
そのひとつである『刺繍短歌』は、リビングやダイニング、寝室など、生活の様々なシーンに溶け込む、短歌のキャンバス。
鈴掛真本人が、すべて一文字ずつ自ら刺繍を施している、この世にひとつしかない一点ものです。

31onでは、短歌と共に、四季折々のモチーフを刺繍で施しています。 
この冬の新作は、ラメの糸で雪の結晶をあしらいました。
よく見ると、ひとつひとつ違う形になっています。 

ご自宅のインテリアやプレゼントとして、“一片の文学”を手にしてみてはいかがですか?

冬の短歌

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします