小つぶで存在感あり!台所の大切な小道具

山只華陶苑・加藤智也さんの直径約12cmのすり鉢「KATAKUCHIさん」と関根さんのすりこぎ(本山椒・国内産)セット。ろくろを回して手で製作しています。

by studio482+

View

413

値段

¥ 4,644

在庫数

0

小つぶで存在感あり!台所の大切な小道具

編集日時: 2018/08/20 15:04

 

 


 

KATAKUCHIさんはとにかく美しいのです。

横から見ても、中を覗いても凛としている。

 

studio482+ではKATAKUCHIさん6寸を扱っていますが、

この度、このKATAKUCHIさん4寸サイズ+関根さんのすりこぎ(本山椒)のセット販売を開始しました。

「野菜たっぷり すり鉢料理」(宮本しばに著 アノニマスタジオ)出版記念イベントで1度だけ販売してご好評だったセットです。

 

岐阜県多治見にある山只華陶苑・加藤智也さん作。片口が付いているすり鉢です。

加藤智也さんがひとつひとつ、ろくろを回して製作しています。

 

 

 

 

こちらは鉄黒。キリッと男前です。

 

このセットに付いてくるすりこぎは、studio482+で扱っている「関根さんのすりこぎS S」。

関根さんは2月ごろに国内の森の中へ入り、本山椒の木を切り出すところからすりこぎを作っています。すべてひとりで手作業。きれいな木肌のすりこぎです。

 

 

 

 

こちらは白。清潔感があります。

 

KATAKUCHIさん4寸は直径約12cmです。

小粒でしっかり者。深さがあるので食材がこぼれにくい。胡麻のほか、ナッツや生姜などを潰すのにも便利です。

 

 

 
 

 

 

このすり鉢の特徴であるすり目は加藤さんの真骨頂「波紋櫛形すり目」。

このすり目はスピーディーで、食材の香りを立たせることができます。

 

山只華陶苑で働いている人の中で、7代目・加藤智也さんしか、このすり目を製作することができません。技術とカンを要する大切な作業です。

 

かわいらしいサイズですが深めで、ごま和えやナムルがひとり分が作れます。

うつわとしても利用できますから一石二鳥ですね。

またタレを作ってそのまま食卓へ。ニンニクをすって、生姜を潰して、その他調味料を入れて出来上がり。これひとつで完結します。こういう時に片口が役立ちます。

 

 

 

 

ホールスパイスも粗挽き〜粉まですれます。

胡麻などの食材はね、ブレンダーを回すより、すり鉢でする方が断然、香りも味も良いのです。

昔からある道具は「おいしくなる道具の設計」を優先している。

そこがstudio482+が目指すところと一致するところです、ふふ。

 

KATAKUCHIさん4寸+すりこぎセット」↓




 

加藤智也さんの4寸セットは「JUJU4寸+すりこぎセット」もあります!↓

 
 
 
 

はじめてすり鉢を使ってみたい。胡麻をささっとすりたい。そんな方に大人気の商品です。

KATAKUCHIさんも加わって選ぶのに迷いますね。

どちらも姿形が美しいですから...。

 

 

 

 

↑ JUJU4寸ですりごまを作るとこんな感じ。もちろんKATAKUCHIさんでも作れます。

 

 

KATAKUCHIさんとJUJU、2種のセットはどちらもstudio482+のオリジナルです。

すり鉢は、日々の台所仕事を支える大切な存在です。

小つぶで存在感あり!台所の大切な小道具

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします