トマト嫌いをなくしたい! 曽我農園オリジナルブランド「蜜星」で食卓を笑顔に!

高糖度中玉トマト「蜜星(みつぼし)」は曽我農園が商標を持っているオリジナルブランドです。栽培の仕方と季節を組み合わせて、とても味の濃いトマトに変身。季節によって変わっていくその味をご紹介します。

by 曽我農園 SOGA FARM

View

831

値段

¥ 2,300

在庫数

9

トマト嫌いをなくしたい! 曽我農園オリジナルブランド「蜜星」で食卓を笑顔に!

編集日時: 2018/10/22 10:53

 

 

 

秋――

気温差がではじめて肌寒くなってくる頃、トマトはその味わいを濃くしはじめます。寒さに耐えるため小粒かつ皮が固くなり果汁の濃度が上がるのです。当農園の蜜星はただ甘いだけではなくしっかりと酸味をのせて栽培するところに特徴があります。糖酸バランスに気を配ることで深いコクを得ることができるのです。寒暖差が大きくなってくる頃から水分と収穫後のコントロール(企業秘密です)をすることによってトマトは高糖度に変化していきます。糖度目安は8度~12度。時期によって変わります。

 

もしあなたやあなたのお子さんがトマト嫌い、もしくは苦手といった場合、是非試してほしいのがこの「蜜星」です。特に野菜嫌いのお子さんなどはトマトを食べられるようになることで「野菜嫌い克服」のきっかけにもなります。届いたそばからパクパク食べる――そんな光景が食卓と未来に笑顔を咲かせます。

またボディメイクや健康管理への強い味方でもあります。甘味を制限されている場合、適度な量を摂取することで健康維持に役立ちます。トマトが赤くなると医者が青くなるとは言い得て妙。甘いものが食べたいけどなかなか手が出せない――そんなあなたに、蜜星というもう一つの選択肢をおすすめします。

普通のミニトマトではなく中玉トマトを小さく育てることで糖度を高くしています。包丁を使わなくても良いですので時短に最適。お弁当にも重宝します。

 

 

生ものはトマトに限らずその時期だけの「味」というものがあります。この時期を逃すと、当たり前ですが、もう二度と出会えないものになります。当農園は一年を通じてその季節にしか栽培できないトマトをご紹介していきます。新潟のトマト専門農園、曽我農園、どんどん変わっていくその味をご紹介していきます。冬になってしまう前に是非「蜜星」のご注文を! お待ちしています!

トマト嫌いをなくしたい! 曽我農園オリジナルブランド「蜜星」で食卓を笑顔に!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします