定番の紺色浴衣に赤色の帯。今年のイメージにチェンジ!

紺色に葡萄のモチーフの浴衣。大人の女性ならではの落ち着いた和のテイストを。紺色と赤の組み合わせも今っぽくシルバーの紐と黒の帯留めでイメージを変えてみて下さい。

by 静京呉服京染店

View

405

値段

¥ 13,500

在庫数

1

定番の紺色浴衣に赤色の帯。今年のイメージにチェンジ!

編集日時: 2018/07/09 18:14

 

 

浴衣を選ぶ時に何色にしようか迷いませんか。ピンク色は卒業。という大人の女性におすすめしたい浴衣の色があります。

それは定番の紺色の浴衣に赤色の帯。という組み合わせ。「え!?昔のコーディネイトじゃない。今更?」って思いますよね。でも、定番なのには訳があります。

紺色のしっとりした深みある美しさ。差し色の赤。色白さんでも少し日焼けしたお肌の方でも合う紺色。そして赤色のもつ魅力は夜も華やぎを与えてくれて、日本人の肌色を美しく魅せてくれます。だから紺色×赤色は、日本人ならではの美的感性だと思います。でも、せっかく買った浴衣も昔の浴衣を出してきたみたいになったら嫌ですよね。そこで一工夫したコーディネイトで定番を素敵に着こなしてほしいと思います。

 

おすすめポイント

 

 

おしゃれポイントは今までにない色をコーディネイトに加える。

写真のシルバーの紐に黒の天然石の帯留めをアイテムに加えると、和の良さとモダンさがミックスされます。シルバーのラインで今っぽさに引き締めの黒色の天然石。今までにないシルバーの色や黒を加えることで、和モダンな大人の着こなしができます。

もう一つの嬉しい見た目効果は、帯締め・帯留めをすることで着物っぽさが出ます。着物のようなお洒落感がプラスされてよりお洒落感が演出できますので、アイテム増やす効果は2倍です。 

 

着こなしアドバイス

いつもと違う帯締め・帯留めをプラスしたら、次は下駄に真っ赤なペディキュアで足元まで美しく。ヘアースタイルもアップにしてトータルでキメて頂くと、今年らしく、そして、一目惚れする浴衣姿に。

 

お出かけに浴衣を。

お出かけは、今日は浴衣。という風に気軽に着て頂きたいです。

特別な日ではない、お祭りでもない、デートにカフェでランチに浴衣。お洋服じゃない浴衣だからこそ、いつもの場所がいつもと違う気持ちに感じられます。もちろんお祭りの日にも着てくださいね。

大人の女性に、浴衣でいつもとは一味違う夏のお洒落を楽しんでいただきたいです。

定番の紺色浴衣に赤色の帯。今年のイメージにチェンジ!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします