組曲「水鏡譚」音源販売/泉鏡花の幻想文学「草迷宮」原作の音楽劇楽曲集。

演劇の劇中歌として書かれた組曲の楽曲集。泉鏡花×寺山修司×岸田理生の幻想文学『草迷宮』を再構築。日本語の美しさを味わえる詞と、郷愁誘う楽曲が魅力。 音楽・映像:西邑卓哲(FOXPILL CULT) 脚本・演出:こもだまり 原作「草迷宮」

by 昭和精吾事務所

View

366

値段

¥ 2,000

在庫数

8

組曲「水鏡譚」音源販売/泉鏡花の幻想文学「草迷宮」原作の音楽劇楽曲集。

編集日時: 2020/03/15 17:49

こんにちは、昭和精吾事務所です。


寺山修司の劇団、演劇実験室◎天井桟敷の伝説のアジテーターとして知られる語りのスペシャリスト、昭和精吾の技術を継ぎ、寺山修司の詩や戯曲の語りを中心に、演劇作品や映像作品、音楽を発表しています。

●装置もなく、声の力だけで情景を鮮明に想起させる ひとり語り

●海外で ”ファナティック” と称された 叫びの マイクアジテーション

●声の重なりに特化した耳触り重視の 重奏朗読

●映像・音楽・俳優を同期させる手法での 音楽劇【麻人楽】という手法

生演奏による語りや歌


この5つの特色を持っています。




▼ 物語性ある組曲としての劇中歌の音源集

これは演劇、音楽劇の劇中歌の音源です。昭和精吾事務所では、上演作品に合わせて、音楽家が楽曲を書き下ろしています。
今作は脚本先行ではなく、音楽先行で組曲として製作したため、物語性・連続性のある楽曲群になっています。





▼ 日本の幻想文学を原作とした、郷愁さそう楽曲群

原作は泉鏡花の幻想小説「草迷宮」

忘れてしまった手毬唄の歌詞と行方不明の幼なじみ・菖蒲(あやめ)を探して旅する青年・明。ふたりの恋の行く末は・・・

寺山修司が映画に、岸田理生が演劇にした戯曲を、再構成しなおした幻想音楽劇のための組曲です。日本語の美しさを大切に、呪術的な言葉あそびを取り入れた歌詞や、童謡のような懐かしいメロディ、郷愁誘う歌声をお楽しみください。


ボーナストラックとしては、俳優たちによる寺山修司の短歌の六人の朗読が重奏(群読)で収録されています。

わがチームの売りの一つ、【音の重なり】を重視して緻密に構成されているので、こちらも音楽としてお楽しみください。





▼ サウンドノベルを聞くように

サウンドノベルを聞くように、物語を想像して聞いていただけたら嬉しいです。

文学や演劇で 寺山修司/アングラ/幻想文学/妖怪/鬼/ダークファンタジー などのキーワード、

また音楽では 和/ロック/土着/民族音楽/童謡 などのキーワードが刺さるかたに楽しんでいただけそうです。

演劇に興味のないかたも、音楽として聞いてみてください。




▼ 試聴用トレイラーあります

舞台での上演の際は、映像と同期(リンク)して演技が行われます。

実際に投影した映像と、実際の舞台の様子を使って製作しています。

どうぞご覧ください。




最後まで読んでいただきありがとうございました!


代表:こもだまり(女優・脚本・演出家)

副代表:イッキ(俳優・声優/なめくじ劇場主宰)

音楽統括:西邑卓哲(音楽家・映像作家/FOXPILL CULT主宰)


【関連サイト】

昭和精吾事務所 http://bit.ly/showaseigo

麻人楽(音楽劇) http://www.osk.3web.ne.jp/~nanten/matra/

組曲「水鏡譚」音源販売/泉鏡花の幻想文学「草迷宮」原作の音楽劇楽曲集。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします