「お守り」としての効果抜群?!インディアン時代から伝わる魔除けの「ドリームキャッチャー」

ドリームキャッチャーの歴史を少し掘り下げてみよう。アメリカのインディアン、オジブワ族から始めまったドリームキャッチャーの歴史は、どのような背景があったのか。今回は、ネパールでヘンプを用いて作られたドリームキャッチャーの紹介です。

by Otsuks -Bohemian Style Shop-

View

3.3K

値段

¥ 1,000

在庫数

2

「お守り」としての効果抜群?!インディアン時代から伝わる魔除けの「ドリームキャッチャー」

編集日時: 2016/07/25 17:41

どうも、みなさまお元気ですかー!
本格的な夏がやってきましたね^^
暑いですが、色んなイベントがあり、楽しいことがたくさんあると思います。

そういったことに全力で取り組んでいきましょう^^
たった一度しか来ない「2016年 Summer」を楽しみましょう。

 

さて、話は変わるのですが、

今回は「ドリームキャッチャー」という商品の紹介です。
知ってる方も多いかもしれませんが、この商品は元は「魔除け」「お守り」としての役割を担ってきました。

 

カナダとアメリカにまたがる先住民インディアンオジブワ族に伝わる、輪を基にした手作りの装飾品だったのです。
現代では、様々な形を変えてお店に並んだりしています。


詳しい話はOtsuksがブログで書いてます^^良かったら読んでみてくださいね。


Otsuksは今回ネパールへの買い付けに行き、ヘンプで作ったドリームキャッチャーを紹介します!

羽根もカラフルでかわいいですよー

小さいサイズも売ってますよー

 


世界にはまだ知らない掟があり、それに対する処置の仕方などが部族によっては今も言い伝えられています。

Otsuksはなるべくそういった話を交えながら皆さんに商品、想い、歴史を伝えていきたいと考えています。

 

 

HP「Otsuks -discovery with every step-
Facebook
Twitter
instagram

 

 

「お守り」としての効果抜群?!インディアン時代から伝わる魔除けの「ドリームキャッチャー」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします