「箱にしまったままにならないベビーリングを作りたい」ママと赤ちゃんを繋ぐChop Chop Bijouxの想いとは?

「赤ちゃんが大きくなるまではペンダントとしてお母さんの胸元で共に時間を過ごし、やがて再び子どものもとへ」というコンセプトの元、ママと赤ちゃんを繋ぐベビーリングを製作・販売するChop Chop Bijoux(チョップチョップビジュー)。ブランド立ち上げのきっかけや、ベビーリングに込めた想いを伺いました。

by BASE Mag. 公式

「箱にしまったままにならないベビーリングを作りたい」ママと赤ちゃんを繋ぐChop Chop Bijouxの想いとは?

編集日時: 2018/11/09 18:22

「生まれてきてくれてありがとう」の気持ちと「これから幸せに育ちますように」という願いを込めて赤ちゃんの誕生に贈る「ベビーリング」。「Chop Chop Bijoux(チョップチョップビジュー)」では、赤ちゃんが生まれる前はママの胸元にネックレスとして、生まれてからは赤ちゃんの元へと受け継ぐことができるベビーリングを製作・販売しています。今回は、オーナー古屋さんの、ブランド立ち上げのお話やベビーリングへの想いをご紹介します!

 

ママのお守りにもなるようなベビーリング

 

ーーブランドを立ち上げたきっかけを教えてください。

 

息子が生まれるときに、主人が作ったベビーリングがきっかけでした。

 

出産前にベビーリングを探していたんですけど、男の子に似合うデザインのものがなかなか見つからなかったんです。よく見る華奢で可愛らしいデザインのものが多くて。そこで、専門学校でシルバーアクセサリーの製作を学んでいた主人にお願いして、私たちが付き合ってるときに身につけていたペアリングの小さいバージョンを作ってもらいました。

 

それから、友人への出産祝いも、選ぶのが難しい洋服よりも記念にもなるベビーリングを贈りたいなと思ったんです。子供服は大人の洋服をそのまま小さくしたような可愛いものが多いじゃないですか。指輪も、大人のものをそのまま小さくしたようなものがあったらいいなと思って。

 

実際に友人にプレゼントしたら、友人がその指輪をペンダントトップにして持っていてくれて、それを見てママのお守りにもなるようなベビーリングを作ってみようと思いました。

 

ーー赤ちゃんのためだけではないんですね!ママのお守りにもしようと思ったきっかけがあったんですか?

 

出産直後って、精神的に不安定になってしまうママも多いと思うんです。そんなときに、ママの気持ちに寄り添う、お守り代わりになるようなものがあればいいなぁと。

 

インスタから広まって、ショップOPENへ

 

ーーベビーリングのブランドは、思い立ってすぐに立ち上げたのですか?

 

いいえ、最初は作ったベビーリングの写真をInstagramに載せているだけでした。ショップをできたらいいなという思いはあったんですけど、最初は販売方法もわからなかったので、ただできた順に載せているだけでした。

 

でもある日、Instagramの写真を見た方から連絡をいただいて実際に販売することになったんです。その際、直接個人情報のやり取りをするのには抵抗があるだろうということで、周りに使ってる人が多かったBASEで販売することにしました。

 

ーーはじまりはインスタでの注文だったんですね!BASEでショップを開設しようと思ったきっかけは、周りで使っている方がいたからだったんですか?

 

そうですね。インスタで気になるショップを見つけたときに、ほとんどBASEだったんです。それから私は機械が苦手なので、見やすくて使いやすくて携帯で操作ができるBASEがいいなと思いました。最初のショップの設定や商品の設定なども、本当に簡単にできました。

 

 

可愛いけど重厚感のあるリング

 

ーー実際にリングのデザインや製作はどのように行っているのですか?

 

私がデザインを考えて、主人がそれを描き起こして製作しています。

 

私自身や周りの友人が身につけているアクセサリーに星が多かったので、一番最初に星のデザインを作りました。星、ハートと作って、お守りの意味も込めてピースマークなどのモチーフも増やしていきました。

 

ーーリングはすごくしっかりとした作りのようですが、すべて手作業で製作しているのですか?

 

はい。一つ一つハンドメイドで製作しています。普段は他の仕事をしているので、子供を寝かせた後に2人で作業をしています。毎日2時間ほどの限られた時間のなかで、話を詰めて製作しています。

 

ーーお忙しい中でご夫婦で協力されているんですね。作業をするとき、旦那さんと意見がぶつかることもありますか?

 

喧嘩になることもあります(笑)。私は絵が下手なので、デザインのイメージやサイズ感、バランスを伝えることが難しくて。最初は何度も実物を作りながら調整したので少し大変でした。

 

男の子でも身につけられるようなデザインは主人のアイディアなんですけど、赤ちゃんの手には少しごつめのデザインですよね。私も可愛いけど重厚感のあるものが欲しいと思っていたので、そこは最初から意見が合っていました。

 

ーー今度考えているデザインや販売予定の商品はありますか?

 

リングをペンダントトップにして持ってくれていた友人が、金属アレルギーで身につけることができなくなってしまったので、アレルギーがある方でも身につけられるものを考えています。ママと赤ちゃんでお揃いのリングや、リングとピアスのお揃いなど、リング以外のアクセサリーもいいなと思っています。

 

 

箱にしまったままにならないベビーリングを作りたい

 

ーー今後の目標はありますか?

まずはショップを知ってもらうこと。そのためのことがまだ何もできていないので、もう少し勉強しながらやっていきたいです。また、今後は他のデザインのリングや、別の形でママのお守りとなるようなものを考えていきたいと思っています。箱にしまったままにならないベビーリングを作りたいです。

 

ーー最後に、読者のみなさんにメッセージをお願いします!

Chop Chop Bijouxでは、ママの気持ちにも寄り添ったベビーリングを目指し、一つ一つ丁寧にハンドメイドで製作しています。これから生まれてくるお子様や、出産を控えたご友人へ、ただの記念品ではない"想いの込もった"ベビーリングを贈ってみてはいかがでしょうか。



 

ーー日本ではまだあまり馴染みのないベビーリング。お母さんから子供へ、友人から友人へのプレゼントの定番にしたいと語る古屋さん。ただ記念品としてではなく、親子の愛や絆を感じる意味のあるものとして。「Chop Chop Bijoux」のベビーリングには、オーナー夫婦の素敵な想いが詰まっています。


 

「箱にしまったままにならないベビーリングを作りたい」ママと赤ちゃんを繋ぐChop Chop Bijouxの想いとは?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします

  • >
  • >
  • 「箱にしまったままにならないベビーリングを作りたい」ママと赤ちゃんを繋ぐChop Chop Bijouxの想いとは?