「楽しめるお茶屋」がコンセプトの KUOPUS 。暮らしの一コマにお茶を取り入れてみませんか?

楽しめるお茶屋がコンセプトのKUOPUS。幅広いひとにお茶に興味を持つきっかけになればいいなという思いで、KUOPUSを運営しているとのこと。扱っているアイテムがどれも洗練されていて見てるだけで欲しくなります。実店舗も埼玉県深谷市にあるみたいなので機会があれば行ってみたいですね。

by BASE Mag. 公式

「楽しめるお茶屋」がコンセプトの KUOPUS 。暮らしの一コマにお茶を取り入れてみませんか?

編集日時: 2016/11/29 22:49
楽しめるお茶屋がコンセプトのKUOPUS。幅広いひとにお茶に興味を持つきっかけになればいいなという思いで、KUOPUSを運営しているとのこと。
KUOPUSにはお茶以外にもお茶を一層楽しめるようにする為の雑貨やおやつ、そして全国の茶農家さんや茶師さんとの繋がりからセレクトした緑茶や紅茶、ハーブティー、フルーツティーも取扱があります。

早速どんなお茶や、雑貨を取り扱っているのかチェックしていきましょう。
 

静岡茶


こちらは定番(?)の静岡茶。静岡県は全国の茶園面積、収穫量の40%を占める日本一のお茶処です。
静岡県はお茶生産に適した気候や高度な栽培技術により品質の高いお茶を生産しています。

お茶は和菓子と合うというイメージもありますが、実は洋菓子とも合うんです。
クッキーなどの焼き菓子やケーキ、シュークリームなどとも非常によく合います。
 

pebbleティーポット0.5L


こちらのティーポットは手仕事の跡を愉しむうつわのブランド「atelier tete(アトリエ テテ)」から、味わいのある独特な釉薬(ゆうやく)と柔らかなフォルムが魅力的。うつわに豊かな景色をもたらすよう、窯の中でより変化する特徴のある釉薬を施し、滑らかな小石を思わせるしっとりとした質感のブラック。とのことです。素焼きの陶器に釉薬を塗って焼くことによって表面をガラス質が覆い、小孔を防ぐため耐水性が増します。さらにガラス質特有の光沢感を得ることができるため高級感も増しますね。

釉薬を塗る作業はすべて手作業でひとつひとつ行い、釉薬の特徴によって塗り方を変えていくそうです。釉薬の塗り方や、スピード、位置によってティーポットの質感や風合いが変わっていきます。写真から伝わる質感や高級感はすべて職人の高い技術力と試行錯誤によって支えられているんですね。

ティーポット以外にもカップ&ソーサーもあります。

pebble カップ&ソーサー

 

茶缶ギフトセット


こちらは茶缶ギフトセット。
茶間の中身はKUOPUSセレクト緑茶になるので味の違いも楽しめるようです。
もうすぐお歳暮の時期ですしぴったりですね。茶缶3点の中身は産地別のセレクト緑茶です。
 

CITRUS FRUIT


乾燥リンゴやスライスオレンジなどの果実やハーブをブレンドしているフルーツティーです。
カフェインフリーなので妊婦さんでも安心して飲むことができます。
 

キャンバスポーチ(グリーン)


KUOPUSではキャンパスポーチやエプロンも売っています。
どのキャンパスポーチやエプロンもシンプルでスッと暮らしに溶け込むようなデザインが魅力的です。

いかがでしたでしょうか?
お茶から雑貨まで幅広く取り扱っているKUOPUSで是非お買い物してみてください。
埼玉県深谷市には実店舗もあるのでお近くに住んでるかたはフラっと行ってみてもいいかもしれないですね。

KUOPUS
https://kuopus.thebase.in/

 

 

「楽しめるお茶屋」がコンセプトの KUOPUS 。暮らしの一コマにお茶を取り入れてみませんか?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします