誰かの後押しになりますように。空の写真に載せた心を支えるライクバーズのフォトポエム

日々疲れた時やちょっと悩んだ時、どう対処していますか?誰かに相談したり、他のことで気を紛らわせたり。ライクバーズのフォトポエムにはそんな時に見たくなる、前を向けるようになる、そんな不思議な力がこもったカード。制作者自身の思いや経験から生まれたフォトポエムは重みが違います。

by BASE Mag. 公式

誰かの後押しになりますように。空の写真に載せた心を支えるライクバーズのフォトポエム

編集日時: 2016/08/10 21:48
 
「ときどき原点に帰ると、大切なことを思い出せる。」
 
「人に指図されるのは、自分で自分に指示を出していないから。」

見上げればそこにある空。同じ空は無いように、一瞬一瞬を切り取った写真にその時々の想いを馳せる。そのメッセージは誰かの心のよりどころとなるような、前を向きたくなるようなメッセージばかり。そんなポストカードを制作している、ライクバーズの山口さんにお話をお伺いしました。

やりたいこともなかった大学生時代

ーーポストカードのメッセージ、どれも刺さるものばかりでした。

ありがとうございます。これらのメッセージはもともと、どれも自分に宛てたメッセージなんです。自戒を込めて、そういった思いを必ずメモするのが癖なんです。

ーーなぜそれを商品として販売しようと思ったのですか?

もともと販売する予定はなかったのですが、「自分でゼロから事業を立ち上げたい」と思ったんです。

その経緯を話すと大学生の頃に戻るのですが、大学生の頃、漠然と将来に対して不安があったので2年休学をし、その間にとある事業主さんのもとでインターンをさせていただきました。そのインターンではウェブサイト制作やプレゼン資料の作成などを学んだのですが、それがあまりにも楽しくて楽しくて。先のことは考えず、勢いのまま大学を中退しました。

ーー中退ですか!?

大学に戻っても、特にやりたいことがなかったので。その人のもとで仕事をさせてもらい、いろいろなことを学びました。そしてインターンの期間が終わり、その人のもとを離れることになったとき、これまで学んだことを活かして自分で事業をやってみようと思ったんです。今もその時の繋がりでお仕事をさせていただいている方もいらっしゃるのですが、自分がゼロから作ったもので事業を立ち上げてみたい。そう思ったんです。
(写真:南條祐弥)
 

自分の経験が誰かのために。

ーーなるほど、それでこのポストカードを。

はい。ゼロからなにか始めるってやっぱり難しいし、自分にできることなんてちっぽけなことはもちろんわかっていました。私的なことになるのですが、僕はシンガーソングライターのYUIさんの大ファンです。YUIさんは歌手になりたいという夢をかなえるために高校を中退しオーディションで優勝。そしてメジャーデビューをされたのですが、その夢に対する強い思いと自分自身で道を選んでいる姿に強いあこがれを抱きました。そんな彼女の歌には彼女自身の経験が投影されているようで圧倒されたんです。それから自分の心の整理をするためにも、思ったことや考えていることをメモするようになりましたね。

ーーYUIさんがライクバーズのポストカードの原点なんですね。

まさにその通りです。ライクバーズのポストカードには全て番号をつけています。1枚目のポストカードは海の写真なのですが、YUIさんのご出身地でもある福岡県の新宮浜というところで撮影をしました。この事業を始めようと思った時に一枚目は絶対ここにしようって決めていて。そして載せた詩は、「ときどき原点に帰ると、大切なことを思い出せる」。もう本当に自分のためにつくったようなポストカードですね。

僕の言葉、写真が誰かの支えになれたら。

ーーライクバーズという名前はどこから?

ライクバーズは日本語にすると「鳥のように」という意味ですが、僕のポストカードが誰かの支えに、鳥のようにあなたのもとに届きますようにという思いで名づけました。行き詰まった時にでも見てもらえたらとても嬉しいです。

ーー普段は関西で活動している、ライクバーズの山口さん。今回は東京でこのフォトポエムの展示を行うということでお話を伺う機会をいただきました。誰しも感じたことのある漠然とした不安や、迷い、そんな気持ちに刺さる写真・メッセージばかりでした。ふとした時に見返すと元気が出そうです。

ライクバーズ・ショップ
http://shop.likebirds.net/
 
誰かの後押しになりますように。空の写真に載せた心を支えるライクバーズのフォトポエム

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします