焼いてよし、蒸してよし、鍋に入れてよし!ぷりっぷりの珠牡蠣めぐりいかがですか?

珠がきがたったの一年で成長し、出荷することができる理由。それは、手つかずの自然が残る播磨灘と、大地のミネラルを海に運びこんでくれる二本の清流のおかげ。今回は、そんな播磨灘と大地が生んだ恵みを一珠、一珠に閉じ込めた「珠めぐり」をご紹介いたします。

by BASE Mag. 公式

焼いてよし、蒸してよし、鍋に入れてよし!ぷりっぷりの珠牡蠣めぐりいかがですか?

編集日時: 2016/02/02 16:30

今回、紹介するにあたり、私、緊張しております。

 

それは、記事を書くにあたり、調べれば調べるほど、気軽に食べていた牡蠣がどんどんすごいものに感じてきているからです。
もちろん、「珠めぐり」さんの牡蠣もそうです。

 

九州も長崎県出身の私は、母方の親戚で集まり何かあると、そこには「牡蠣」という存在がありました。

親戚でバーベキューで使う網を用意し、大量に焼いたり蒸したりして食べていた牡蠣。

 

恥ずかしながら牡蠣が年中、食べれないことさえ知りませんでした。

 

祖母の実家が広島だったこともあり、幼い頃から定期的に父方の親戚も「牡蠣」を送ってくれ、漠然と「このくらいの時期に食べるもの」という認識しかありませんでした。

(牡蠣愛好家の皆さん、すみません…。)

 

 

今回、そんな私が概要部分から読み込み、予備知識も入れた状態で紹介するのが、『珠めぐり お勧めセット』3点です!

 

まず、この「珠めぐり」の牡蠣についてご紹介します。

 

本来、たった1年では育つことのない牡蠣がなぜ、1年で成長、出荷できるのでしょうか?

それは、手つかずにのこる播磨灘と大地のミネラルを運んでくれる二本の清流のおかげだそうです。

 

そして、1年ものだからこそ身がやわらかく縮みにくいのが特徴で、美容と健康に嬉しい、グリコーゲン・タウリン・亜鉛・アミノ酸・カルシウム・ビタミン・ミネラルと本当に豊富な栄養素を含んでいます。

 

さっそく「珠めぐり」さんの商品をご紹介して行きましょう!

 

 

◆商品紹介:生かき(殻付30個)

 

30個、これだけあれば何人の人が味わうことができるのでしょうか?

思い起こせば、幼い頃、つるつるつるっと何個も食べていたような気がするので、意外と大人数では足りない!なんてことがあるのでしょうか?

 

大人数の場合はたくさん買ってみんなでバーベキュー気分で楽しんで食べてくださいね♪

 

 

◆商品紹介:生かき(殻付15個+むき身500g)

 

殻付30個も捨てがたいですが、むき身500gも外せません!

一度で二度楽しめます。

また、むき身はわざわざ殻をとる必要がないので、そのまま調理することも可能です。

 

私のお勧めはやっぱりこの季節、お鍋でしょうか?

シンプルに牡蠣を使ったお鍋をぜひ堪能してみてください!


 

◆商品紹介:播磨灘産 蒸し牡蠣 珠せいろ

 

最後に紹介するのが、私のオススメ「珠せいろ」です!

この珠せいろ、美味しくて栄養豊富な旬の牡蠣をフランスのように1年中楽しむことができるそうです!

 

その秘訣は、20年という月日をかけて特許を取得、独自の「蒸し」と「冷凍」の製法により、美味しさと安全を実現!

 

2014年には内閣総理大臣賞も受賞した本格牡蠣を自宅でいつでも楽しめる貴重な牡蠣です。

 

大珠を200gずつ3袋にパッキングされているのも1年中楽しめるポイントかもしれませんね!

 

いかがだったでしょうか?

 

一番最後にご紹介した「珠せいろ」は一年中楽しめるなんて牡蠣好きにはたまりません。

また、豊富な栄養素のおかげで、お酒をよく飲まれる方、ストレスを感じやすい方に最適な牡蠣。

 

「生かき」の方は、ひとりではちょっと多いかもしれませんが、家族で食べるにはぴったりなサイズと種類だと思います。

 

殻付きをそのまま網にかけ、むき身をお鍋に入れて楽しむのもいいかもしれません。

 

どのパックもさまざまな楽しみ方ができると思います!

ぜひ、一度、試してみてください。

焼いてよし、蒸してよし、鍋に入れてよし!ぷりっぷりの珠牡蠣めぐりいかがですか?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします