いつか枯れてしまうお花を少しでも長く愛してもらいたい。本物の植物を使った、はなのめのアクセサリー

カウントダウン・ジャパン15/16のメインエントランスの装飾や、大阪の阪急百貨店阪急うめだ本店のクリスマスデコレーション、さらに奈良県、平城旧跡にて行われた平城京天平祭2015秋 第一次朝堂院 花のアートゾーンに、「龍」モチーフの植物でできたオブジェを展示するなど、植物を使ったアート作品が素敵なネノウワサ。 「人の心に根を植える」を理念に掲げる、ネノウワサから生まれた、「はなのめ」のアクセサリーを紹介します。

by BASE Mag. 公式

いつか枯れてしまうお花を少しでも長く愛してもらいたい。本物の植物を使った、はなのめのアクセサリー

編集日時: 2016/01/08 17:17

カウントダウン・ジャパン15/16のメインエントランスの装飾や、大阪の阪急百貨店阪急うめだ本店のクリスマスデコレーション、さらに奈良県、平城旧跡にて行われた平城京天平祭2015秋 第一次朝堂院 花のアートゾーンに、「龍」モチーフの植物でできたオブジェを展示するなど、植物を使ったアート作品が素敵なネノウワサ

「人の心に根を植える」を理念に掲げる、ネノウワサから生まれた、「はなのめ」のアクセサリーを紹介します。
 

はなのめは、「花を好きになるきっかけ」をつくるブランドです。
本物の花・植物を用いてアクセサリー・雑貨などをつくり、花としてではなく、モノとして使って頂けるように人の手を加えます。いくら手を加えても、そのモノは花であり、いずれ枯れていきます。
 

花の命をほんの少しだけ延ばすことで、花と共に生活をする時間をつくることができます。
その時間の中で、植物への意識が少しでも膨らんだり、道に咲く花に目がいったりするような、そんな小さな変化がこころの中で生まれたらとても素敵なことだと思います。

花への興味の芽をこころの中につくること。それが「はなのめ」のコンセプトです。
 

すべて本物の植物を使って制作されています。
時間と共に色味や表情が若干変化することがありますが、生きていた植物特有のことですので、その変化をお楽しみいただけたらと思います。
 
本物の植物だから大切にしたくなる、それぞれの花言葉などにも注目して選んでみてくださいね♡


 
いつか枯れてしまうお花を少しでも長く愛してもらいたい。本物の植物を使った、はなのめのアクセサリー

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします

  • >
  • >
  • いつか枯れてしまうお花を少しでも長く愛してもらいたい。本物の植物を使った、はなのめのアクセサリー