小粒のグラスパール揺れて。一見して控えめだからこその「技あり」感。かたっぽイヤーカフ「甘ク辛ク」

日々の装いを考えるのが一段と楽しくなってくる季節、秋がいよいよ。かっちりジャケットなどに合わせて、夏の開放感とはまた一味違ったアクセサリーが欲し区なってくるところ。そんな時にお手軽便利なのがフェイクパールをつかったアイテムです。ということで、今回は馴染みやすい深緑の飾り結びとグラスパールの組み合わせをご提案。

by nuta design

View

78

値段

¥ 1,350

在庫数

1

小粒のグラスパール揺れて。一見して控えめだからこその「技あり」感。かたっぽイヤーカフ「甘ク辛ク」

編集日時: 2018/09/25 18:24
秋のはじめから、冬にかけて。
普段使いからちょっと改まった席まで、幅広く使えるアクセサリーを、今回は。
 
 
 
 
つけると、耳から直接大ぶりな飾り結びの花が咲いているかのようなレイアウト、
派手すぎず、コーディネートもしやすい深緑のその花から、
これもまた、優しくかつアンティークな雰囲気のある、アイボリーがかったチェコグラスパールを
滴り落ちるかのように動きのあるデザインで点々と垂らしたデザインの新作イヤーカフです。
 
もともと和の技法である「飾り結び」、
そのための紐であるので当然色合いも「和」の色合いに沿ったものなのですが
この「深緑」、
いろいろな先入観を取っ払ってみてみれば、
「カーキ色」「アースカラー」ともいうことができるわけで、
 
 
 
 
つまり、「普段の私たち」にとってとても馴染みのある色。
 
日々の装いを考えるときに、
ちょっとしたスパイスに、あるいは、ナチュラル感を出したいときに
重宝した方は以外と多いのではないかな?
と推測します。
 
そんな、親しみのある色、とても「感じのいい」色である深緑と、小粒のグラスパール。
 
柔らかで、とっつきやすい雰囲気、
目立ちすぎず、きちんとして見える佇まい。
 
ちょっとズルな言い方になっちゃうかもですが、
手っ取り早くそんな装いを完成させたいときにはとっても頼もしい味方となってくれます。
(いやいや、日々のお洒落には『手っ取り早い』大事でしょ?)
 
 
それでいながら
「実は」
巷であんまり見かけない、飾り結びとグラスパールの組み合わせ、
しかもトレンド感のある「イヤーカフ」だったりするわけで、
 
それって、
好感度が高いながら、ただ者ではない!
 
 
 
 
 
 
 
または、
普段はもっとベーシックだったりシンプルなパールのアイテムを使っているけれど、
ちょっとだけ冒険したい、なんて方にもおすすめ
 
いつもと同じようで、ちょっとだけ違う。
 
そんな風に始める秋。
ドキドキしませんか?
 
 
小粒のグラスパール揺れて。一見して控えめだからこその「技あり」感。かたっぽイヤーカフ「甘ク辛ク」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします

  • >
  • >
  • 小粒のグラスパール揺れて。一見して控えめだからこその「技あり」感。かたっぽイヤーカフ「甘ク辛ク」