シュールで可愛い!手書きで作られる「おすし付箋」

日本人も外国人もみんなお寿司が大好き! そのお寿司、日本の画材を使ってイラスト化した付箋です。 鮮やかなすしネタの色、ころんとしたフォルム、 シャリの上に広がる、小さな箱庭。 そこには「日本のすべて」が凝縮されています。 日本のお土産に、日常での遊び心に!あなたの生活を彩ります!

by 文具道

View

1.3K

値段

¥ 540

在庫数

0

クラウドファンディングサイトMakuakeで実施のおすし付箋制作プロジェクトでできた「おすし付箋」

編集日時: 2016/06/05 11:49

 

▼ このアイテムを紹介する理由

 文具道はベンチャー文具メーカーの作る商品が世の中に広がるお手伝いができればというコンセプトでスタートしています。


なので普段からリアルでベンチャー文具メーカーの商品が店頭に並ぶ活動もしております。(文具道のリアル店舗はありませんが)

その活動ってなかなか地道なのですが、やってると面白くて、どんどん文具つながりでネットワークが広がってきます。

でも文具ってなかなか店頭で広げて行くには難しい部分があります。大きくはどう流通に乗せていくかなどがあります。

作ったはいいけど、それに対応できるかや、その流通の事がわからなくて出来上がったりもします。

そういった商品をどんどん露出できればなという活動をしています。

 


そんな中、フェイスブックなどで文具好きの方々がMakuakeのプロジェクトを支援し始めていて、ちょいちょい画面で見るようになったこの付箋。

自分もお寿司が好きなので、文具道で紹介しちゃいます!!

 


▼ 「おすし付箋」のおすすめポイント
おすし付箋おすすめポイントですが、

まずはイラストが手書きです。それも筆ペンと顔彩を使っています。

顔彩は、日本画で使われる画材なのですが、色合いが非常に優しい感じがして、日本人の心に結びつく落ち着きのある絵が描けます。

絵手紙とかを描く方が使われている画材でもあります。

 

 

 

この付箋を作ったのは「寿司イラストレーター」のノグチノブコさん。

 


え!!「寿司イラストレーター」なんてジャンルがあるの?って最初は思いましたが、結構描くのが難しいお寿司をすごく伝わるタッチで描かれています。

(こちらの自画像アイコン、お寿司以外にもお肉やケーキも描かれてますので、グルメなイラストレーターさん・・・)

 


そんな「寿司イラストレーター」ノグチノブコさんがなぜお寿司の付箋「おすし付箋」を作ろうと思ったか・・・

それは、最近すごく増えてきている外国人観光客。そんな彼らが好む日本食の上位ランキングベスト3にも入るであろうお寿司

お寿司を食べるだけでなく、寿司屋の外にある写真を撮影しているところを見て、「だったら付箋でも!!!」と思ったのがきっかけだそうです。

 

 

 

なので、この「おすし付箋は」

・みんな大好きなお寿司のイラストの付箋で元気がでる
・お土産になる
・使っていて楽しい
などなど、いろいろな楽しみかたがあります。

そもそも付箋が最近すごく人気でいろいろな付箋がありますが、この可愛くてしかもリアル(リアルすぎないのがまた良い)な付箋はすごくいいと思います。

 


▼ こんなふうに使ってください
 


 

 


▼ これからネタ(柄)が増えていけばと思います
まだまだネタ(柄)が少ないので、商品が増えていくように、(そして少しでも単価がお手ごろになるように)
文具道でも応援していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

クラウドファンディングサイトMakuakeで実施のおすし付箋制作プロジェクトでできた「おすし付箋」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします