シルク100%の腹巻は着心地抜群のマタニティグッズ!妊娠中に体が冷えてしまう原因とは?

シルク100%の腹巻は妊娠中の冷え改善におすすめのマタニティグッズです。体の冷えは妊娠の経過に影響することもあるので、油断せず対策しておきましょう。こちらでは、着心地のいいシルク100%のレディース腹巻を販売するMUNNYが、妊娠中の冷えの原因と、冷えが体に及ぼす悪影響について紹介いたします。

by ナイトキャップ・マタニティホームウェア / Munny(ムニー)

View

15

値段

¥ 2,280

在庫数

6

シルク100%の腹巻は着心地抜群のマタニティグッズ!妊娠中に体が冷えてしまう原因とは?

編集日時: 2021/02/23 22:46

妊娠中に体が冷えてしまう原因とは? マタニティ腹巻を使うのがおすすめ


妊娠中は体にいくつもの変化が起きるため、冷えを感じやすくなるものです。

こちらでは、体を冷やす原因について確認していきましょう。


◇血行不良

お腹が大きくなるとどうしても姿勢が悪くなり、腰や足に負担がかかるために血の巡りも悪くなります。すると体の末端まで十分な血液が行き渡らず、体が冷えてしまうのです。

また、体型の変化によってパンツやパジャマのサイズが合わなくなり、ゴムの締めつけによって血行不良が起きるケースもあります。


◇運動不足

妊娠中の体の重さやだるさ、つわりの影響などで運動不足になる妊婦さんはかなり多いものです。

もちろん、激しい運動は赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるので避けたいものです。しかし、体をほとんど動かさない生活が続くと筋肉量が減り、血行も悪くなって冷えが悪化しやすくなります。


◇ホルモンバランスの乱れ

妊娠中や産後には、女性ホルモンのバランスが大きく変化します。女性ホルモンのバランスが崩れることによって体温調節がうまくいかなくなると、顔にはほてりを感じるのに末端は冷えてしまうといった症状が起きやすくなります。


妊娠中の体の冷えを予防するのなら、マタニティ腹巻を使うのがおすすめです。MUNNYでは、天然素材のシルク100%で着心地のいいレディース腹巻を取り扱っています。

シルク100%の腹巻はこちらhttps://munny.official.ec/categories/3098345


冷えが体に悪影響を及ぼす理由とは? シルク100%のレディース腹巻で冷え対策を


体の冷えは様々な悪影響を及ぼします。こちらでは、冷えが妊娠の経過に及ぼす悪影響についてチェックしてみましょう。

◇冷えは体のむくみにつながる
体が冷えると筋肉に血液が行き渡らず、体の中の水分が停滞してしまいます。妊娠中の体がむくんでしまった場合、その原因は冷えにあるのかもしれません。

◇冷えで体の凝りが起きやすくなる
体の冷えが原因で肩こりや腰痛といったダメージが起きることもあります。血流の悪さを放置していると全身がこわばり、頭痛などの症状にもつながりやすくなります。

◇冷えは腸の働きにも影響する
妊娠中のお腹の冷えは、胃や腸にも及びます。胃腸の動きが悪くなると便秘や下痢、吐き気といった症状が起こりやすくなります。

◇冷えるとお腹が張りやすくなる
体が冷えた状態が続くと子宮につながる血管も収縮し、血液の流れが悪くなります。すると、子宮の筋肉も収縮してしまい、お腹が張りやすくなるのです。
また、冷えによって胎盤に血液が行き渡りにくくなると、赤ちゃんが大きくなりにくくなったり早産を引き起こしたりするケースもあるので、十分注意しましょう。

妊娠中の体の冷えを防止するなら、着心地のいい腹巻を用意するのがおすすめです。ホームウェアブランドMUNNYで販売している、シルク100%のレディース腹巻をぜひお試しください。

健やかなマタニティライフのためにも体を温めて冷えをシャットアウトしましょう!

マタニティ期の体の冷えは、ときに深刻な症状につながることもあるので気をつけたいものです。ママと赤ちゃんの体を守るためにも、冷えを防ぐ万全な対策を心がけましょう。

冷えから体を守るために、ぜひ妊婦さん向けのレディース腹巻を使ってみてください。MUNNYでは、着心地抜群なシルク100%の腹巻を販売しています。体の冷えをとってバランスを整えてくれるシルク100%の腹巻を使って、健やかなマタニティライフを送りましょう。

シルク100%の腹巻は着心地抜群のマタニティグッズ!妊娠中に体が冷えてしまう原因とは?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします