天然素材のナイトキャップで寝癖予防を!ロングヘアの方におすすめ ナイトキャップの効果的な被り方 |

天然素材のナイトキャップを販売するMUNNYが、ヘアケア方法やドライヤーの正しい使い方をご紹介いたします。寝癖防止のためのナイトキャップを購入するなら、天然素材のものがおすすめです。ロングヘアの方は、寝癖を防ぐためにも就寝前に念入りにヘアケアをしておきましょう。

by ナイトキャップ・マタニティホームウェア / Munny(ムニー)

View

17

値段

¥ 2,480

在庫数

10

天然素材のナイトキャップで寝癖予防を!ロングヘアの方におすすめ ナイトキャップの効果的な被り方 |

編集日時: 2021/02/23 22:26

ナイトキャップのより効果的な被り方とは?


ナイトキャップには、髪の毛を保護して適度に保湿してくれる効果があります。ナイトキャップのヘアケア効果をさらに高めるためには、ナイトキャップを正しい方法で被ることが大切です。


◇髪を乾かしてからナイトキャップを使う

ナイトキャップを被る前には、髪を念入りに乾かしておきましょう。

濡れ髪をナイトキャップに収めると、頭皮が蒸れて不衛生な状態になってしまいます。また、髪が濡れているときはキューティクルが無防備な状態になっているので、少しの刺激でもダメージが起きてしまうのです。


◇髪はまとめてすっぽりと収める

ナイトキャップを被る前には、髪を念入りにとかして流れを整えます。続いて、ナイトキャップを前髪のほうに被せます。後頭部に引っ張るようにもってきたら髪を左右に分け、まとめるようにして入れ込みましょう。


◇トリートメントをつけてから被る

ナイトキャップを使ってヘアケアをするのなら、トリートメントをつけてから被るのもおすすめです。洗い流さないトリートメントやオイルなどのヘアケア剤をつけてから、ナイトキャップを使ってみましょう。


髪をしっかりと保護して寝癖を防いでくれる天然素材のナイトキャップをお探しなら、MUNNYをご利用ください。MUNNYでは、ロングヘアの方でも使いやすいナイトキャップを販売しています。


ナイトキャップはこちら

ナイトキャップ商品一覧(https://munny.official.ec/categories/3098336


ナイトキャップを被る前に髪を乾かそう!ドライヤーの正しい使い方

ナイトキャップを被る前に、髪を念入りに乾かしておくことが大切です。ドライヤーを使って髪を根元までしっかりと乾かしてから、ナイトキャップを使いましょう。

ドライヤーを使う前に、まずは吸水性の高いタオルで髪の水気をとっておきましょう。ドライヤーは近づけすぎると熱で髪にダメージを与えてしまうため、20cmくらい離して使うようにします。1ヶ所に熱が集中することがないよう、ドライヤーをまんべんなく当てていくのがポイントです。
ドライヤーを下から当てると、キューティクルが開きやすくなるので要注意。キューティクルの流れに合わせて、クシで流すのと同じように斜め上から下に向かってドライヤーをかけましょう。

髪が50%くらい乾いたら、手ぐしを入れて髪の根元を乾かしながら温風を当てます。80%ほど乾いたらドライヤーを弱温風に切り替えてシルエットを整え、最後に冷風を全体に当てて仕上げていきましょう。
髪が100%乾くまでドライヤーを使うと、乾かしすぎて髪が広がったり乾燥したりすることがあります。完全に乾く前に止めるのが、ツヤ感をアップさせるためのポイントです。

髪をしっかりと乾かしたあとには、天然素材のナイトキャップを使って髪を保護するのがおすすめです。MUNNYのナイトキャップはロングヘアの方でも寝癖がつきにくいと好評ですので、ぜひお試しください。

ロングヘアの方でも使いやすい天然素材のナイトキャップを販売するMUNNY 寝癖に悩む方にもおすすめ

ナイトキャップは、被るだけで髪にうるおいが生まれ、乾燥ダメージを防止できる嬉しいアイテムです。髪を念入りに乾かし、トリートメントなどを使ってからナイトキャップを被れば、ヘアケア効果はさらにアップします。

美しい髪をしっかりと保護するためにも、ナイトキャップは天然素材のものを選びましょう。
MUNNYでは、天然素材のシルクで作ったナイトキャップを販売しています。ロングヘアもすっぽりと収められる便利なナイトキャップを、ぜひ使ってみてください。


天然素材のナイトキャップで寝癖予防を!ロングヘアの方におすすめ ナイトキャップの効果的な被り方 |

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします