モロッコからの美しい糸のチョーカーネックレス

モロッコの女性がひとつひとつ手しごとにて作った、美しい糸のチョーカーネックレス。

by モロッコの暮らしと手しごと

View

194

値段

¥ 3,980

在庫数

0

モロッコからの美しい糸のチョーカーネックレス

編集日時: 2018/08/11 00:49

 こんにちは!

モロッコの暮らしと手しごと です。

店主がモロッコにて買付けした、暮らしにまつわる道具や手しごと品をご紹介しています。


今回は、

モロッコ女性の手しごとによって作られたカクタスシルクのチョーカーネックレスをご紹介!














店主が糸を選びオリジナルの糸の組み合わせで作ってもらったこのチョーカーは、金属アレルギーの方にも安心して使える糸のアクセサリーです。

 

チョーカーに使われるカクタスシルクは、サボテン科の植物リュウゼツランの一種から紡がれるサブラという糸の別名。

まるでシルクのような美しい光沢と発色を持つことからモロッコの人たちはカクタスシルクと呼ぶのです。

モロッコの南部に自生する植物性繊維であるカクタスシルク糸は、昔からカーテンタッセルや民族衣装の装飾などに使われてきました。

 

 

モロッコのマラケシュのスーク(市場)には小さなキヨスク型の糸屋さんがあります。

 
いつもカクタスシルクのタッセルなどを買い付けている馴染みの糸屋さんとその店主。壁3面の床から天井までにストックされている色とりどりのカクタスシルク。その中から店主と相談しながら糸を選び作りました。
 
 
今回こちらでご紹介するのは、
モロッコの食文化や染色などにとても重要なスパイス、スパイスのパプリカを思わせるようなコッパーゴールドをポイントにしてシルバーグレーの濃淡2色を織り交ぜたもの。
日本人の肌に馴染みながらも、美しく首元を飾る華やかでありながら品のある色。

 
意外といろいろなお洋服や色に合わせやすいのです。
自らシーズン問わず使い、とても気にいって使いやすかったのでオリジナル制作を決めました。
 
 
モロッコの暮らしと手しごと では機械での大量生産ではなく手しごと品にこだわって商品をご紹介しております。そしてもう一つのこだわりとしてアクセサリーは金属が肌に触れないもの、金属アレルギーの方も安心して身に付けられるもの、つけていて肌に負担がない心地よいものだけをセレクトしています。
 
 
モロッコではたくさんのシルバーアクセサリーの店があるのですが…それらには見向きもしないで買い付けや制作をいています。
自分自身が本当に納得できるもの本当に欲しいと思うもの、心から魅力を感じたものや身に付けたくなるもの、それだけはブレずにご提案したいと思っているからです。
 
 
話がそれてしまってすみません…
こちらのアクセサリーの留め具の部分も丁寧にカクタスシルクが巻かれています。
留め具が動くのでしっかり固定ができます。
 

着用の色が違うのですが、首につけるとこんな感じです。 
 
 
首周りに沿うチョーカータイプの長さで、2重にするとブレスレットとしても使える長さにしました。


 
買い付けの滞在期間中のみに制作可能な本数なので数はとても少ないです。こちらでご紹介の色以外にもあと3タイプの色合いでご用意していますので、ぜひ下記もご確認くださいませ。
 
 
そのほかにも1つ1つ手しごとによって作られたアクセサリーをご紹介しております。
商品のサイズなどの詳細もご確認くださいませ。
 
 
[モロッコの暮らしと手しごと]では7月に買い付けした商品がぞくぞく入荷中です。ぜひお立ち寄りくださいませ!
 
 
 
 
 
モロッコからの美しい糸のチョーカーネックレス

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします