【おすすめ】高級〜格安 有名なストリートファッションブランド16選 人気 2021

ラッパー、スケーター 、ダンサー、B系パーソンの必須アイテム

by MOL Art Club

View

1.3K

値段

在庫数

【おすすめ】高級〜格安 有名なストリートファッションブランド16選 人気 2021

編集日時: 2020/12/17 04:37


国内外で有名なストリートファッションブランド16選

*ランキングではありません


1 Supreme(シュプリーム )


「シュプリーム(Supreme)」はニューヨークはマンハッタンで誕生したアメリカのファッションブランド。


スケートボードやヒップホップなどの影響をウケたブランド。


セレブや芸能人が数多く愛用したことで、シュプリームという名前が一気に広がった。

また、シュプリームといえば様々なブランドとのコラボレーションも有名。

Louis Vuitton、Nike、THE NORTH FACEなど、有名ブランドで種別を問わずコラボしている。

デザイナー、ミュージシャン、アーティスト、フォトグラファーなど品位の高い層からの指示も多く、


プレミアが付くアイテムも数多く存在する。


公式オンラインストアを展開していて人気アイテムのリリースの際には、


リリース時刻に全世界から数億アクセスがありbotによる決済や、手動購入による攻略法が多数行われている。


イギリスのロンドン、フランスのパリに直営店があり、


日本では東京に3店舗(原宿、代官山、渋谷)、名古屋、大阪、福岡に


各1店舗と計6店舗が存在している。



 

2 STUSSY(ステューシー)







南カリフォルニアのサーフシーンを背景に1980年誕生したアパレルブランド。


現在のストリートファッションの元祖とも言えるブランド。


創業者ショーン・ステューシーが、彼の仲間のためにデザインした数枚のTシャツから始まった。


オリジナルの字体「ショーンフォント」と、ブロック体によるブランドネームの「ストックロゴ」がよく用いられる。


他のブランドとのコラボを多数実施していて、シューズではナイキと「ハラチ」・「ダンク HI PLUS」


「ブレザー MID」・「ハラチライト」・「ダンク Low Pro SB」・「コートフォース」、


NEW BALANCE&HECTICとは「MT580(マッドステューシー)」、CAUSE&ジョージコックスとは「ラバーソールブーツ」、


TASとは「サウス迷彩柄BARRY Low&BARRY HI」などがある。


2014年はバケットハットが大流行し、レディースメンズ問わず多くのファッショニスタに人気。



 

3 A BATHING APE(ア ベイシング エイプ)




A BATHING APE(ア・ベイシング・エイプ)は、NIGO®が1993年に立ち上げた裏原宿アパレルブランド。


株式会社ノーウェアが展開する。


1990年代中頃から人気が出始めた。


正式には「A BATHING APE IN LUKEWATER」で、「ぬるま湯につかった猿」という意味。


ファッションだけでなく軽音楽にも通じる点から、日本のミュージシャンとの交流も厚く


コーネリアス(小山田圭吾)やスチャダラパー等のツアーTシャツをA BATHING APE名義で手がけていた。


2000年代アメリカのトップミュージシャンなどがメディアの前で着ていたことなどが世界的ヒットの起因となった。


2004年には音楽プロデューサーユニット、ザ・ネプチューンズのファレル・ウィリアムスとともに


ファッションブランド「BBC(ビリオネアボーイズクラブ)」とシューズブランド「ice cream(アイスクリーム)」を立ち上げている。



【限定20着】MoL ART CLUBのトレーナー



4980円


http://molmot.theshop.jp


 

4 WTAPS(ダブルタップス)

http://item.rakuten.co.jp



ディレクター西山徹が手がける1996年創業の日本のストリートブランド。


“Placing Things where they should be (あるべきものをあるべき場所へ)” をコンセプトにコレクションを年2回発表している。


日本を代表するストリートブランドだが、ミリタリーなアイテム作りを得意としており。


かなり本物志向なミリタリーのエッセンスを汲みとりながら、シルエットやディテールを再構築し


都会で暮らすユーザーのリアルクローズとなるようモダナイズされている。


グラフィック、スケートなど様々なカルチャーをバックボーンに持ち、長くストリートシーンを牽引してきた独自の審美眼により


高いクリエイティビティを体現している。


裏原系を着こなすお洒落芸能人、高良健吾 氏や窪塚洋介 氏といった有名人に着用され


海外ブランドの VANS、STUSSY、SUPREME、Dr.Martens ともコラボ企画も積極的に行っている。

 

 


5 HUF(ハフ)




2002年プロスケーターのKeith Hufnagelがスケートボード・スニーカー・アパレルのセレクトショップとして


サンフランシスコにOPENしたブランド。


HUFはクラシックなアメリカの職人技、色褪せないヴィンテージデザイン、そして現代の洗練された実用性のある


ディテールを落とし込んだ、過去と現代を融合した新しく良質な商品作りを目指している。


長年着込まれても耐え抜いてきた頑丈なヴィンテージの生地や構造を取り入れて、


スケボーの激しい動きにも十分に耐えられる商品を作り出す。


また、カジュアルなグラフィックやスローガンの中に、知的な要素とその反面、ある意味無頓着な要素を掛け合わせた


まるでスケーターとアーティストの融合のような物作りである。


NIKE、adidas、STUSSY、DQM NYC、KROOKED等とのコラボレーションをリリースし、さらにHUFオリジナルブランドも多数展開。



 

6 SOPHNET(ソフネット)



音楽、アート、インダストリアルデザインなど、様々なカルチャーからのエッセンスを一つのファッションとして


体系的にまとめることで、ブランドのアイデンティティを確立している。


ブランド名を「SOPH.」から「SOPHNET.」へ改名した2002年以降も、現代美術家の宮島達男や英国アートの巨匠、


ジュリアン・オピー、アメリカのジャック・ピアソンらとコラボレート。ファッションにアートを融合したウェアを次々と発表。


その後も、デザイナーの清永浩文氏を中心に、備長炭の素材をアパレルの中に取り込む珍しい試みなど


和のテイストと融合させる独自のスタイルを発表し常に業界から注目を集めている。


ソフネットの特徴は、シンプルなデザインのアイテムが洗練された普段着だが、中には、アウトドアの機能を組み込んだものなど、


ディテールに凝ったものも発売していて、都市でのスタイリッシュな生活に合うファッションの中に


より高い機能性を追求している。


ストリート、アウトドア、トラディショナルなど、現代のメンズファッションには欠かせない要素をトータルで併せ持つ、


ドメスティックブランドの成熟に貢献した代表格として、今なお人気の高いブランド。




7 NEIGHBORHOOD(ネイバーフット)



ブランドコンセプトは「モーターサイクル、ミリタリー、アウトドア、トラッド等の要素を独自の解釈で昇華した


ベーシックな服作り、またそのライフスタイルの提案」


この考えが「NEIGHBORHOOD」が提案するプロダクトやプロジェクトすべてのベースになっている。


シーズンごとに常にアップデイトされるデニム類、モーターサイクルやヘリテージの匂いを多分に感じさせるレザーウェア


アイウェアやインセンスバーナー等、豊富なラインナップを誇るアクセサリー類。


これらは現在のNEIGHBORHOODを象徴するプロダクトとなっている。


また、NEIGHBORHOODのアイテムをそのまま3分の1にするというコンセプトによるキッズライン「NEIGHBORHOOD ONE THIRD」


も同時に展開し、NEIGHBORHOODファミリーのライフスタイルを幅広くサポート。


2009年にスタートした「LUKER」は、80年代のイギリスカルチャーからの影響を受けたデザインやラインナップとなっており、


NEIGHBORHOODとはまた違ったデザイナーの側面を感じさせるブランドとなっている。


ダメージ加工を施したデニムアイテム、モーターサイクルの雰囲気に溢れたレザージャケット


ブランド設立当初より続く吉田カバン製のバッグ等がシグニチャーアイテムとなっている。


STUSSY、A BATHING APE、ADIDAS、FRAGMENT、VISVIM等、数々のブランドとのコラボレーションや映画作品等と


連動したアイテムも展開し、活動範囲が幅広いブランド。




MoL ART CLUBオーダーメイドスニーカー

10000円〜

http://molmot.theshop.jp


 

8 TENDERLOIN(テンダーロイン)


TENDERLOIN(テンダーロイン)は海外在住の5人の日本人クリエイターにより、1997年にLAでスタートしたファッションブランド。


テンダーロインとは、ニューヨークやサンフランシスコの犯罪率高く治安が悪い危険地域の「テンダーロイン地区」が由来。


世界主要都市のLA・ロンドン・東京に拠点を置き、「各地のストリートカルチャーを自ら体験しその魂を服に込める」


といったスタンスは設立当初から全く揺らがないコンセプトとなっている。


アメリカンカジュアルスタイルをベースに、Tシャツやワークパンツ、デニムウェアをメインに展開。


カフスやバックルなどのディティールにこだわったレザージャケットは、革の固さを使い分けることで動きやすく作られ


シルエットを保ちながらも時を重ねるほどに味が出ることで人気の高い。


また、アクセサリーの中でもホースシューリングやダラーリングなどの指輪は、多くの芸能人が愛用していることもあり


今でも需要の高いアイテム。



 

9 WACKO MARIA(ワコマリア)



ワコマリアは、日本のファッションブランド。


デザイナーの森敦彦は元々サッカー選手で、Jリーグ草創期の人気ゴールキーパーであり、ロングヘア、


ドレッドヘア、バンダナなどの個性的な風貌で活躍していた。


ブランドのキーワードは「女と音楽、酒にハット」と音楽を常に根底に置き上質でロマンティックな


色気を感じさせるスタイルを提案しているブランド。


シーズン毎に自分たちの日常での経験や影響を受けた音楽、映画、アートなどをテーマに掲げ


アイテム一つ一つにそのメッセージを落とし込み、妥協のない物作りと独自のオリジナリティを表現している。


男性向けのクラシカルなデザインに、最先端の流行を掛け合わせた独自のデザインは、非常にオリジナリティが高く


国内外からも注目を浴びている。


テーラリングとカジュアルを別ライ ンとして展開いていて、世界のファブリックメーカーや老舗レーベルとの


コラボレーションも行っており、幅広いアイテムの発表が期待できるブランド。


近年ではインディペンデント映画界の巨匠と呼ばれる映画監督JIM JARMUSCHをはじめ、独創的なコラージュ作品で


注目を集めるアーティスト WEIRDO DAVE等とのコラボレーションを行い、プロダクツも精力的にリリースしている。



 

10 NUMBER (N)INE(ナンバーナイン)


1996年創業のファッションブランド。


2000年代に裏原宿系ブランドとして若者から爆発的な人気を集め、当時のアイテムは現在では入手が困難になってしまい


プレミア価格も付いている。


2000年には東京コレクション、2004年にはパリコレクションに参加。


21世紀に多くの歴史と実績を刻み、2010年にブランドを一新しました。現在も人気の衰えない、日本を代表するブランドの一つ。


ナンバーナインのデザインの中では音楽とファッションが密接に存在していて


ロック、パンクからインスピレーションを受け、デザインに落とし込んだアイテムが多い。


2005S/Sのレッドツェッペリンの「天国への階段」をBGMに使用したり、2006S/Sのガンズ&ローゼスをテーマにしたデザイン


その他、ニルヴァーナのカートコバーンからインスピレーションを受け、2005A/Wなどはショーに音楽を使用するなど


音楽を深く投影したようなシリーズが多数ある。


社会性も強く、ブッシュ大統領に向けた反戦メッセージを打ち出すなどメッセージ性の強いTシャツを


コレクションに取り入れたこともあった。




11 Billionaire Boys Club(ビリオネアボーイズクラブ)




「BILLIONAIRE BOYS CLUB」は、ファレル ウィリアムスと「A BATHING APE」デザイナーのNIGOが


2005年に立ち上げたブランドで、ストリートとラグジュアリーを融合させたそのスタイルは数々のファッション・音楽


デザイン・カルチャーに影響を与えている。 


常にファッション業界を牽引し定義しながら変化を重ね、 ブランド理念はブランド名そのものの経済的な意味合いではなく


オリジナリティーと自己顕示により重きを置いており、 「富とはポケットの中ではなく心と知性の中にあるもの」という


ブランドステートメントに集約されている。


HIPHOPらしさよりもポップなデザインを施したアウターやインナーを多く展開し日本人ラッパーでは


KEN THE 390とKLOOZ、AKLOが愛用していて、比較的低価格なため、若者を中心に人気のブランド。


二人は同時期にシューズブランド「アイスクリーム(ice cream)」も立ち上げています。


Tシャツ、スウェットシャツ、ニット、デニム、シャツ類や、レザー、コットンや機能的なテキスタイルを使ったジャケット類、


帽子、スニーカー、アンダーウェアやアクセサリーを展開しているのが特徴。



HIPHOP画家MoLの制作風景






12 NEXUSⅦ(ネクサス 7)



NEXUSⅦは、2001年デザイナー・今野智弘が設立した日本のアパレルブランド。


ミリタリーやアメリカン・ヴィンテージをベースに、ゴアテックス等の機能的な素材を使用。細部にまでこだわった製品を展開する。


映画のブレードランナーがルーツで、人の絆と言う意味。


ブランドコンセプトはMultiple Maniax & Technix。


BLACKを基調とするブランドカラーをベースとしながら毎シーズン、テーマを設定。


テーマに基づいた服創りの中に徹底した生地製作や縫製面での新技法などを付随させ、アイテムに落とし込んでいる。


派手なグラフィックのTシャツやスウェットをリリースしたり、シックで大人しめのブルゾンやジャケットをリリースしたりと


様々なエッセンスを流し込んだファッションアイテムを提案し、ユーザーを飽きさせないブランド


過去には、アディダスやリーバイス、ポーター、メディコム・トイなどともコラボレーションしてきた。



 

13 Silas(サイラス)


1998年ロンドンにてスタートしたブランド。


ロンドンストリートシーンで多大な影響を及ぼしたSILAS HOLMSという架空の人物がブランド名の由来。


サイラスの掲げるコンセプトはメンズが「STREET TRAD/ストリート・トラッド」


レディースは「CASUAL CHIC/カジュアル・シック」


”洋服は着る人のライフスタイルを重視した独自の着こなしが大切”が基本理念。


ストリートシーンをベースにイギリスの伝統や上質な雰囲気を取り込んだコレクションが特徴。


メンズ、レディース共にトラディショナルなブリティッシュスタイルと、ユニークで複雑なステッチワークやディティール


そしてカルチャー的要素を含んだユーモアをミックスしたスタイルが特徴となっている。


アート的なアプローチとして、毎シーズンTシャツをキャンバスとして様々なアーティストコラボレーションを


実現するシリーズを展開している。



 

14 UNDEFEATED(アンディフィーテッド)




UNDEFEATEDはアメリカのスニーカーショップであり、そのオリジナルブランド。


アメリカ同時多発テロから1年後の2002年9月11日、Eddie Cruzが友人のJames Bondの2人が


アメリカ・ロサンゼルスでスニーカーショップ「アンディフィーテッド」をオープン。


このショップ名「UNDEFEATED」は、“俺たちは負けない”という同時多発テロに対する強いメッセージが込められている。


2005年にはセレクトのみでなく、オリジナルブランドとしての「アンディフィーテッド」を展開。


アメリカ西海岸のブランドということもあり、ストリートテイストの強い、Tシャツやスウェットなどのアイテムが特徴。


 北米4大スポーツ(野球、アメリカンフットボール、バスケットボール、アイスホッケー)に着想を得たデザインも数多く存在し


それらがコラボレーションを行うブランドやデザインに反映される事もある。


2002年にロサンゼルスのLa Brea Ave.に第1号店がオープンすると、サンタモニカ、シルバーレーク、ラスベガスと西海岸を中心に出店。


日本では2006年に国内第1号店が静岡にオープンし、それ以降、東京、大阪、沖縄などにも出店している。

 



15 X-LARGE(エクストララージ)






1991年アメリカLA発祥の、ゴリラのロゴが特徴的な人気ストリートブランド。


イーライ・ボナーズとアダム・シルヴァーマンによって設立され、ニューヨーク、東京都、シアトル、


トロントなどにも店舗を展開している。


エクストララージの魅力として、そのファッションアイテムの色や柄が多くあることが挙げられる。


シンプルな黒やグレーのアイテムに加え、カラフルな印象のアイテムも多く、デザイナーの遊び心を感じさせる。


「普段着ではなく、ファッションとして実用なウェアを表現する」をコンセプトに掲げ


こだわり抜いたデザイン性は多くのファッショニスタから支持されていて


ミュージック、アート、スケートボーディングなどのカルチャーを融合することで、オリジナルのファッションスタイルを確立している。


1993年、キム・ゴードンとデイジー・ヴォン・ファースによって設立されたX-Girlは姉妹ブランド。



【限定20着】MoL ART CLUBのトレーナー



7580円


 

16 Off-White(オフホワイト)





Off-Whiteは、イタリアのストリート系高級ファッションブランドを展開するアパレル企業を親会社に


アメリカ合衆国のファッションデザイナーであるヴァージル・アブローによってイタリアのミラノにて2012年に設立された。


独立店舗に加え、バーニーズ・ニューヨーク、セルフリッジズ、ハロッズ、ボン・マルシェ百貨店等の高級百貨店で取扱いしている。


HIPHOPアーティストであるカニエ・ウェストが絶大な信頼を置く、クリエイティブヴァージル・アブローが立ち上げたブランド。


2013年、12月に発表されてからあっという間に多くの人に愛される世界的なブランドに成長した。


ジャスティンビーバーやG-DRAGONなど世界的アーティストも着用する注目のブランドで、


これまでにナイキ、リーバイス、リモワ、ジミーチュウ、イケア、モンクレール、ブラウンズ、Warby Parker、SSENSE


サングラス・ハット、チャンピオン, エビアン, コンバース, ドクター・マーチン, バーニーズ・ニューヨーク, アンブロ,


ティンバーランド、村上隆、ヘロン・プレストン、エイサップ・ロッキーなど、たくさんのコラボレーションを実現させている。




まとめ


ストリートファッションというククリで調べたためか、正直どのブランドも個性を凌駕して我が道を行くって感じはしなかった。


売るため、知名度を上げるために、やるべき方法はそんなに種類がないってことかもしれない。


「人と同じものが人は好きだし、有名人が着てるものを人は欲しがる」という人間の性分みたいなものを再認識した。


僕も強烈な個性と対面して、マジョリティという大波のうえをゆらゆらと漂ってるような洋服を


作ってみるのも悪くないかもしれない。





最後まで読んでいただきありがとうございました!

僕の絵、作品は販売しています。

オーダーなどもやらせていただきますので、気軽にご連絡ください。


SHOP:http://molmot.theshop.jp

MAIL:molmot555@gmail.com

LINE:molmot55

Instagram:@molmot_art



記事を書いたのは、



MoL

Profile

福岡県久留米市生まれ。

1997年デザイン科の高校を中退、

2000年から2014年まで、東京でアンダーグラウンドな生活をおくり。

2019年、それまで6年間やっていた東京四谷の飲食店を、任せていた従業員の謀反、横領などにより廃業。

副業だった絵を仕事にしてみたいと思い、一念発起。

現在は久留米に戻りアート作品やオリジナルアパレルを販売するネットショップを運営している。


 



※少しでも多くの方に自分の作品を見ていただくためのハッシュタグ
#HIPHOP系 #おすすめ #スウェット #B系 #クール #グラフィティー #セットアップ #黒 #グレー #白 #カラー #アート #おしゃれ #美しいデザイン #オンラインショップ #販売 #通販 #ネットショップ #B系 #ストリート系 #本格派大人のB系 #ストリート系女子 #今日のコーデ #ストリート女子 #ダンスウェア #ダンス衣装 #レッスン着 #ヒップホップ #hiphop #ストリート #インポート #スポーツMIX #B系メンズファッション #B系レディースファッション #スケート #渋谷 #シンプル #クール #スト系 #スケーター #ファッション #今日のコーデ #今日の着こなし #Bボーイ #Bガール #トレンド #クラブ系 #XS #S #M #L #XL #2XL #正規品 #セール #特価 #激安 


【おすすめ】高級〜格安 有名なストリートファッションブランド16選 人気  2021

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします