花三島象嵌小皿

お花をいっぱい散りばめた花畑のようなお皿です。

by オンラインショップmoiwagama

View

50

値段

¥ 1,600

在庫数

0

花三島象嵌小皿

編集日時: 2020/02/23 09:15

こんにちは。moiwagamaです。

今回ご紹介する焼き物は、素地に印花を押し化粧泥を掛けてから長石釉を施釉したお皿です。


サイズ
直径:約14cm
高さ:約3cm

【こんな作り方をしています】
●地元で採掘した粘土をロクロに据えて形を作ります。
●器の内側にロクロを回しながら竹串で線を引く。
●粘土乾いてきたら印花(いんか)という花の形をしたハンコを押す。
●ひっくり返してシッタという台の上に器を固定して高台(底の部分)を削ります。
●先ほど内側に押した印花の窪んだ所に筆を使って白い化粧泥を埋め込む。「象嵌」っていう技法なんです。
●乾いてきたら専用の道具を使って余分な化粧泥を削り落とし花の模様だけを残す。
粘土が乾燥したら800℃で焼きます。
素焼後、透明になる長石釉を掛けて1230℃でまた焼きます。
1日冷まして窯から出しヤスリガケをしたら出来上がりです。

化粧泥は北海道蘭越町で採掘した白粘土を使用し、釉薬には自家製灰をブレンドした長石釉を使用。
北海道の恵みとこだわりがギュッと詰まったヤキモノです。





◆moiwagamaの商品は下記のショップでも販売しています。

*Creema




花三島象嵌小皿

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします