竹害(ちくがい)について考える

‛良い商品’はたくさんある。 ‛環境にやさしい商品’もたくさんある でも 〝環境にやさしくて良い商品”は? ここになによりも「これから先の未来」にこだわった至福のタオルがあります。

by 合馬天然水

View

80

値段

¥ 1,760

在庫数

15

竹害(ちくがい)について考える

編集日時: 2019/10/18 20:26


▼ まずは「竹害(ちくがい)」について知ってほしい


「竹害(ちくがい)」という言葉をご存知でしょうか?


竹害(ちくがい)とは、かつて筍を採るために栽培されていた孟宗竹の竹林が放置された結果、周囲の植生に孟宗竹が無秩序に侵入する現象のことである。―wikipediaより引用


【画像】管理が放棄され荒れた竹林



竹材の需要が減り、輸入ものの筍が出回るにつれて、放置されるようになり、今や日本中の里山で竹が雑草のごとく増殖していると言われています。


竹はコンクリートも突き破る成長力を誇り、その成長力がゆえに越境をも簡単にしてしまうのです。


放置竹林は生態系をも崩し、森林の形態まで変えてしまうと言われています。


だから「竹は害=竹害(ちくがい)」、いつしかそう呼ばれるようになってしまいました。


▼ 竹の「資源」としての可能性


竹のデメリットがクローズアップされがちですが、一方で竹は「資源」としての可能性を多く秘めています。


さきほど説明した「害」の要因でもある「成長力」。


この成長力は裏を返すと、無限の資源エネルギーとしての可能性を秘めたものともいえます。


竹はタケノコとして地表にでてから約3ヶ月で成竹となり、5年程度で成長期を迎えます。放っておいてもどんどん成長します。


つまり、資源として枯渇する心配もなく、植樹する手間もいりません。


その上、竹は強靭でしなやかな繊維質をもっていて、自由に曲げたりねじったりすることもできます。


また「抗菌作用」「殺菌作用」「脱臭効果」にも優れています。


この生命力と特性を活かせば、きっと環境にも人にも優しい資源として、これからの私達の生活に欠かせない存在になってくると思います。


▼ 「竹の魅力を伝える商品づくり」から生まれたタオル


竹の資源としての可能性を伝えることが出来る商品とは?


「しなやかな繊維」「抗菌性」「防臭性」―この竹の魅力の3つを兼ね備えた商品は何か??


その答えがこの「竹のやわらかタオル」でした。





竹のしなやかで繊細な繊維でおられたシルクのような極上の肌触り。

そして竹が持つ抗菌作用と防臭作用でタオルの嫌なニオイを防ぐ。

これまでのタオルのイヤな面を「竹」は解消してくれたのです。

竹の可能性を伝えるため何度も何度も試作を繰り返し、製品化されたタオルです。


そのやわらかさは、お子様や肌の弱い方をふんわり包み込み、幸せな気分にさせてくれます。


その防臭性は、タオルに対する不快感を解消してくれます。


ぜひ竹の魅力がいっぱいつまった竹のタオルを手に取っていただければと思います。


これまでのタオルの概念が変わります。


https://mizuouma.theshop.jp/items/23451049


竹害(ちくがい)について考える

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします