人気の大容量ノート・ブックが緊急入荷!!え?パソコンじゃなくて、「紙」のノートです!

これからの時代、大事な情報は紙媒体に手書きして保存するのがベストです。 ぜひ、meadの240ページ大容量ノート・ブックで実践してください。 表紙のデザインも最高にイカしています!

by in my Desk.

View

157

値段

¥ 980

在庫数

0

人気の大容量ノート・ブックが緊急入荷!!え?パソコンじゃなくて、「紙」のノートですよ!

編集日時: 2018/07/02 18:23

こんにちは、in my Deskです。

 

長いこと品切れ状態だった mead のリング・ノートが、やっと入荷しました。

 

 

(今回はグリーン色のみの入荷です)

 

このノートの特徴は、やっぱりその容量ですね。

 

いやいや、「容量」といっても「ハードヂスク」や「フラッチュ・メモリ」や「メガバイト」や「テラバイト」のことではもちろんありません。

 

「紙」です。

 

紙のページがやたら多いんです。

 

120シート、240ページもあります。

 

 

 

in my Deskでは何度も申し上げておりますが、大事な情報は紙媒体に手書きして保存してください。

 

これは重要なことです。

 

いわゆるデジタル記憶装置というものは、なにかの拍子にいとも簡単に吹っ飛びます。

 

水につけた、とか、上から落とした、とか磁石にくっつけたとかで、いともたやすく消滅してしまいます。

 

しかも、「一部分」ではなく、完全に消え失せてしまうんです。

 

そして、どんなに大事にパーソナル・コンピューターの奥の奥の方にパスワードという鍵をかけてしまっておいても、電話線を経由して簡単に盗まれてしまうということもあります。

 

連日ニュースで取り上げられている問題です。

 

これがデジタルというものの弱点です。

 

それに引き換え、紙媒体はどうでしょう。

 

水につけたって、鉛筆や油性ペンで書いてさえあれば日向で十分に乾かして、また情報を引き出せます。

 

上から落としたらどうでしょう。なんてことはないですね、ちょっと角が折れ曲がるくらいで、なんら問題なく引き続き情報を保存しておけます。

 

磁石?何も怖くありません。

 

火はちょっと怖いですが、完全に灰になってしまう前であれば、「一部分」を失う程度で済むかもしれません。

 

もちろん紙のノートは電話線を通ることはできませんので、遠隔操作で情報を盗まれるなんていうことは決してありません。

 

どうですか、やっぱり大事な情報はしっかりとしたノートに手書きして、鍵のかかるキャビネットに保管しておくのが一番です。

 

240ページですから、大事な情報をたっぷりと保存しておけます。

 

 

 

 

 

人気の大容量ノート・ブックが緊急入荷!!え?パソコンじゃなくて、「紙」のノートですよ!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします

  • >
  • >
  • 人気の大容量ノート・ブックが緊急入荷!!え?パソコンじゃなくて、「紙」のノートです!