昔からお守りとして使われていたターコイズ 

古く自然崇拝の宗教では、美しい空色を思わせるようなブルーが自然の大いなる力を秘めるとして大切にされてきたターコイズのご紹介です。

by masoncraft

View

88

値段

¥ 10,000

在庫数

1

昔からお守りとして使われていたターコイズ 

編集日時: 2018/08/28 16:18

 
ターコイズ  ネイティブアメリカンがお守りや装飾品として使っていたので有名ですよね
 
ターコイズの原石としては非常に脆い石でそのままでは使えません。
 
ネイティブアメリカンでも樹液などを染み込ませ強度を強くしてから加工していた石です。
ターコイズはこの原石も非常に人気があり ペンダントヘッドなどに加工する方が多いです。
 

その空色を思わせる色彩のように非常に明るいエネルギーをもち、ネガティブなエネルギーを払いのけ、困難を乗り越えて願望を達成するためのサポートをしてくれます。

勇気と行動力をもたらし、はつらつとした積極性を与えてくれますので、新しいことに対して臆病になってしまう人には、大切な一歩を踏み出す力を貸してくれるでしょう。

人類とのかかわりが最も古い石のひとつとされ、古代エジプト初期の王墓や、インカ帝国の財宝の中から装飾品に加工されたターコイズが多く発掘されています。
ターコイズの本場イラン(ペルシア)では、すでに6000年前から、彫刻などを施した装飾品として愛好されてきました。

古く自然崇拝の宗教では、美しい空色を思わせるようなブルーが自然の大いなる力を秘めるとして大切にされてきたようです。
そして、大自然とともに生きるネイティブアメリカンにとっては特別に神聖な存在であったと伝えられています。
彼らは、このターコイズを天の神々が宿った石と考え、血をイメージさせるサンゴと組み合わせた装飾品を愛好していました。

 
石の意味としては
ターコイズ トルコ石 全体運  危険回避  旅のお守り  邪悪な物やエネルギーから守る
 
 

 

 

 

ターコイズにはやはりマッドな質感のコーラルやジャスパーやオニキスのような色の石が合うと思います。

 

 

▼ 神宮前サンドブラスト&パワーストーン体験工房

  メイソン工房

  https://direct.satsukisan.jp/direct/base/150158/

  簡単予約サイトです。

 

 

昔からお守りとして使われていたターコイズ 

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします