オリジナル本麻上布の新色とリピート2色が待ち遠しい

日本初、真じまオリジナル本麻上布の襦袢地は多くのお客様に愛され、2019年春に、新色とリピート2色が登場します。

by 真じま着物

View

129

値段

¥ 64,800

在庫数

0

オリジナル本麻上布の新色とリピート2色が待ち遠しい

編集日時: 2019/03/01 18:57

                                           

2018年3月に日本初登場させた真じまオリジナル本麻上布襦袢も、お陰様で大好評で残すところ数本となりました。

春先は、胡桃、錫色が。暑くなるにつれ菜の花、水浅葱がよく売れました。

それぞれのネーミングにこだわりましたが、指田カナコ先生http://syrup.pupu.jpの命名『しゃけ』は、

どこにもないけれど日本の着物の色を受け継ぐ人気の色でした。完売しました。

2019年の新色は『しゃけ』の人気と、実際に実店舗の5色をご覧になったお客様の要望を深く受け止め、

真じま着物と指田カナコ先生とで考え抜いて、「これだ!」と、たどりついた色です。

ありそうで、なかったお色です。

3月が楽しみでなりません。


着物の下に着る長襦袢

汗を吸うのは肌着です。でも長襦袢を気軽に自宅で洗えたら、もっと気持ちよく、もっと着物を回数多く着られるのではないか?

袂からチラッとステキな色が見えたら、おしゃれではないか?

もしかして、夏以外にも年間通して着られる素材で作ってみよう!と吟味を重ねた結果、

透けない上質で肌触りも良く、お手入れ簡単な、麻、それも今までなかった

選ばれし素材のみにしか名乗れない『本麻上布襦袢』を、糸から真じま好みの色に染めて織り上げました。


多くのお客様に喜ばれ愛されております。

お客様からの年賀状には、「年末・年始と菜の花の襦袢は大活躍しています。袖から可愛く見えます」と、

冬もご愛用してくださる方がたくさんいらっしゃいます。



これは、ちょうど1年前に、織り元の吉新さんに実際に視察に行った時の写真です。

今年もまさに、この美しく紡いだ麻糸が染められて織り上げられています。

3月です。

織り上がってくるのは。

楽しみで、わくわくで、どきどき です。


皆さま、どうぞ お楽しみに。

                                         


オリジナル本麻上布の新色とリピート2色が待ち遠しい

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします