夏以外も着られてジャブジャブ洗えて、最高にオシャレな色の本麻上布

着付け講師の指田カナ子先生の水浅葱とのコーディネート写真です。 茶色の綿麻着物に麻の帯のシックな組み合わせに差し色の水浅葱がよく映えますでしょう。 もちろん、見えるように引っ張り出しましたよ。

by 真じま着物

View

245

値段

¥ 64,800

在庫数

2

今までなかったから、作りました!夏以外も着られてジャブジャブ洗えて、最高にオシャレな色の本麻上布です

編集日時: 2018/06/26 18:59

長襦袢は、着物を着る際には必需品。汗をかいたら自分で洗えて、素肌に優しくて、お着物との色合わせを楽しめるものを作ろう。

「麻は夏のもの」という概念から少し離れ、袂から見えた時の素材の質感が上質なら、透けずにもう少し長い季節を着られるのでは?と考え、

着付け講師の指田カナ子先生http://syrup.pupu.jp/と一緒に糸から選び、着物の色見本帳から吟味して こだわりの5色を、麻の本場の小千谷本麻上布で作りました。

 

実際にどんな感じに見えるでしょうか。

袂からも着物の裾からも、長襦袢は寸法が合っているならば、チラリ程度しか見えませんね。

だからこそ、白い襦袢でなくてもよい着こなしの時には、ご自分のお好きな色やお着物との組み合わせを楽しめる襦袢です。

麻の上質なものは、ゴワゴワせず、肌にベタつかず爽やかに着られます。

汗をかいたら、自宅で洗えて お手入れ簡単。

「もう、これしか着られないわ」なんていう嬉しい感想も多く頂戴しています。

 

着物を着るという行為は、やはり洋服を着るのとは違い、少なからず我慢や制限はあります。そこが着物らしさかもしれません。

だからこそ、少しでもお手入れが楽だと また直ぐ着たくなりますし、着ていて気持ちが良いと嬉しくなります。

それでオシャレがさらに楽しめるなら最高!

あなたがスッキリ気持ちよく着物を着られますように。

きもの姿がますます美しくなりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

今までなかったから、作りました!夏以外も着られてジャブジャブ洗えて、最高にオシャレな色の本麻上布です

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします