ハリー・ベルトイア ダイヤモンドチェア!! インダストリアルな男前インテリアに♪

イームズやジョージ・ネルソンと並び、ミッドセンチュリー期の代表的なデザイナー ハリー・ベルトイア。 ダイヤモンドチェアは椅子のシート部を3次元の曲面で表現することの多かった1950年代、金属彫刻家としての経験を生かし、成型合板ではなくスチールワイヤーによるシェル構造で椅子をデザインしました。 シートは座り心地も◎

by -Used Select Shop- kokoelma (ココエルマ)

View

71

値段

在庫数

ハリー・ベルトイア ダイヤモンドチェア!! インダストリアルな男前インテリアに♪

編集日時: 2018/09/19 13:26

 

皆さま こんにちは!
スタッフの良川です。
大型台風が去り、暑さが戻ってきている八王子です。
各地で被害をもたらした台風ですが、最近は自然災害の恐ろしさを痛感するばかりです。
皆さま今後ともどうぞお気をつけ下さいませ!
さて、本日はイタリア生まれのアメリカ人ハリー・ベルトイアの代表作ダイヤモンドチェアのご紹介をいたします。


 
ハリー・ベルトイア
 

 

1915年イタリア生まれのハリー・ベルトイアは15歳の時にアメリカに移住。デトロイトの大学で彫刻と金属工芸を学び、卒業後にクランブルック美術アカデミーに入学、金属工房を設立し指導にも携わりました。1943年にイームズ夫妻と共にプライウッドの加工技術を開発し、その後金属ワイヤーを使った作品を世に発表しました。代表的なのは、ワイヤーのみで構成された、アート作品とも称される「ベルトイアダイヤモンドチェア」。ワイヤーの網目は曲面に合わせて一つ一つ形を変えて配列されていて、身を包むような座り心地も重要視しています。座面もワイヤーで作られており、透けて見える背景もデザインの一部として取り込んでいる、素晴らしいアート作品です。

 
 
 
Harry Bertia ハリー・ベルトイア
   
size W84×D68×H83.5(SH46)
 
¥8,000+tax


 

IMG_5334.JPG


 
椅子のシート部を3次元の曲面で表現することの多かった1950年代
 
ハリー・ベルトイアは金属彫刻家としての経験を生かし、成形合板でなくスチールワイヤーによるシェル構造で椅子をデザインしました。


 
IMG_5332.JPG


 
透けて見えるワイヤーシェルは立体的な網のようなダイヤモンド形に曲げられました。


 
IMG_5333.JPG


 
ダイヤモンドチェアは彫刻のようにあらゆる方向から眺められるようにデザインされています。


 
image.jpg


 
座面には、シートパッドがついています。


 
ただ美しいだけではない、儚さをも表現しているかのようなチェアです!


 
詳しくはこちら


 
只今店頭にて展示販売中ですのでぜひご検討下さい!


 
店頭でもHPでも皆さまのご来店を心よりお待ちしております。
 
また、スタッフで
Twitter Instagram もやっていますのでぜひ!
Twitter →@kokoelma1
Instagram →kagu_koko
 

 

ハリー・ベルトイア ダイヤモンドチェア!! インダストリアルな男前インテリアに♪

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします