和紙のノート「washi notebook」新発売。

IXASでは、万年筆で両面に書ける和紙ノートを開発しました。

by IXAS

View

1.2K

値段

¥ 1,512

在庫数

0

和紙のノート「washi notebook」新発売。

編集日時: 2018/07/25 21:31

今まであるようで中々見かけることがない和紙のノート「washi notebook」を発売開始しました。

表紙が和柄の朱印帳などは文具店でも見かけますが、中身が蛇腹仕様で、普段使いのノートとしては使いづらく、

また、表紙の和柄の主張が強く普段からさりげなくカバンに入れておいて使うにはと感じることもあるかと思います。

IXASでは、古来より慣れ親しまれてきたJapan paper和紙を、暮らしに溶け込み、指先で「温もり」や「和み」を感じながら

普段使いのノートとしてお使いいただける「washi notebook」として仕立てました。

 

 

 

                                          

一般的な和紙は、通気性や強度などが備わった用紙ではありますが、多孔質な素材の為にインクが穴から穴へと毛細管現象で

滲んでしまい万年筆にはあまり向かないとされてきました。また、表面はツルツル、裏面はザラザラといった手触り感で、

一筆箋や便箋には向くものの、裏面への筆記適正や印刷適性は考慮されていないものであることから、

両面使用を前提としたノートには不向きなものでした。

IXASの「washi notobook」は、これらの点をクリアしたインク滲みを抑え、和紙固有の特性でもある表裏差をギリギリまでなくした和紙であり、

横罫や方眼は和紙裏面にも印刷されていますので裏面もご使用いただけることが最大の特長になります。

もちろん、万年筆だけではなく、ボールペンや鉛筆、筆ペンでも普段使いのノートとしてご使用いただくことができます。

また、IXASのノートには「キレイに切り離せる」機能がありますので、便箋としてお使いいただくこともできます。

暮らしに溶け込む和紙というコンセプトから、表紙デザインは和柄ではなく、普段から使いやすく手に取りやすいシンプルなデザインに

仕立てたノートであることも特徴です。

 

 
万年筆で書きましたが、インクが裏面には滲んでいないことが確認できます。
 
 
右から万年筆、ボールペン、鉛筆にて書いた拡大写真になります。
 
 
最後に筆ペンで書いた拡大写真になります。
 
 

用紙右側に筆ペンで書いた字が薄っすらわかりますが、裏面には滲んでいないことが確認できます。

 

 

和紙好きの方はもちろん、普段使用されている洋紙のノートでは感じることができない和紙独特の風合いや書き心地を

お楽しみいただきたい方には、IXASの職人が一冊ずつ仕立てた、指先で「温もり」や「和み」を感じることができる

「washi notebook」はオススメの逸品です。

サイズ : A5(210×148mm)
表紙カラー : バニラ
本文カラー : ホワイト
本文仕様 : 横罫(6mm)、方眼(5mm)、無地 
ページ数 : 128ページ
素材 : 和紙
生産国 : 日本

 

和紙のノート「washi notebook」新発売。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします