今月から販売を開始している”モクティ®のくつ下”をご紹介!

モクティ®のくつ下をご紹介します!  ごめんなさい。間違えて消してしまったので再掲載です!

by くつ下工房

View

127

値段

¥ 2,218

在庫数

0

今月から販売を開始している”モクティ®のくつ下”をご紹介!

編集日時: 2020/09/29 17:24

こんにちは。くつ下工房です。申し訳ありません。操作ミスで記事を消してしまったので、再度掲載させていただきます。

今回は”モクティ®のくつ下”をご紹介します。




モクティのくつ下”は”モクティ®”の”ふしぎやーん”というあまり靴下には使われていない、綿(わた)100%の糸を使って編んだくつ下なんです。
くつ下工房のくつ下はゴムが入っていないのにずり落ちにくいアイテムが多いです。
その中でもこのカタチのくつ下は特にずり落ちにくいのですが、かといってガッチガチに硬くて伸びないなんていうことはありません。


履き口のダブルの部分の糸を一本減らし、その分長くして締め付け感をやわらげつつ、柔らかさも出しています。
更に、糸へストレスをあまり掛けずに編むことで、糸が本来もつ伸縮を活かして足を包むようにフィットするようになっています。



普段使いはもちろん、ちょっと足が疲れてる時でも履いていて鬱陶しくないくつ下です。

足、足首への負担が少ないくつ下を履きたい人、ゴムのあとがつくのが嫌でくつ下が嫌いな人。とにかく締め付け感が嫌な人におすすめします。(長靴やブーツの中に履くと脱げたり回ったりするので注意してください。)



本当に締め付け感があまり感じられないので寝るときに履いていただいてもいいと思います。

朝になってもかゆくないです。(私は寝るときは絶対このカタチのくつ下を履いて寝ています)


とにかく履いていると気持ちがいいです。履いているのを忘れるくらい。

これは一度履いたらクセになること間違いなしです。

正直このカタチが個人的には一番のおすすめです!



---------------------------------------------------------


くつ下工房のくつ下は一般的にゴム糸と言われているゴム糸を使っていないものがほとんどです。

それなのにずり落ちにくいのは、機械をゆっくり回して、糸にストレスを与えずに編んであるから。

そうすることで、糸自体が持っている伸縮性を生かしています。


そうして出来たくつ下は、一日中履いていても足が疲れにくく、跡もつきにくいんです。


---------------------------------------------------------

●自社ホームページ▼

https://www.kutsushitakoubou.com/index.html



▲半分日記のような自社Instagram▼



◆くつ下工房の中の人のTwitter▼

https://twitter.com/kutsushitakoubo

今月から販売を開始している”モクティ®のくつ下”をご紹介!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします