実用性はもちろん、見た目も完璧。狩猟のために開発した、猪鹿庁ハンティング・ベスト!

狩猟のために作られたハンティング・ベスト。狩猟を始めるにあたって、手頃で使いやすく、見た目もスマートなベストを探している方へ。これからのハンターの定番アイテムになりそうなベストの誕生です。

by 猪鹿庁 ハンターズショップ

View

665

値段

¥ 14,904

在庫数

4

狩猟のために開発した、猪鹿庁ハンティング・ベストです!

編集日時: 2017/01/10 11:04

こんな狩猟用ベストが欲しかった!
全てのハンターのために作られた、ハンティング・ベストが完成しました。
「道具」としての実用性はもちろんですが、着た時の佇まいも含めてついつい羽織りたくなるベストです。

 

http://inoshika.base.ec/items/5103222

▼ このアイテムを紹介する理由は?

私達自身が、狩猟をするにあたって実用的かつスマートに着ることが出来て、更に手頃な値段で買えるベストが売っていないということを実感しました。
猟友会のベストは、大きすぎたり、シャカシャカ音がしやすかったり、コード部分が枝にひっかかったりと気になる点も多いです。
また、猪鹿庁の狩猟関連のイベントを実施する中で、イベントに来てくださる多くの参加者の方からも、同じような悩みを持っている方が多い事も分かりました。
そんな中、運良く狩猟用のカメラなどを扱うハイクさんから、狩猟用のベストを作るというお話をいただき、このベストの開発にご協力させていただきました。
 

 

▼ このアイテムのおすすめポイントは何ですか?(使い方の具体例やディテールなど)

沢山ありますが、実際に使ってみて嬉しいのは、軽くてシンプルでありつつ、カユいところに手が届く感じです。
主なおすすめポイントは以下です。

・安全性を確保しつつ、獲物に対するステルス性能を実現するリアルツリーオレンジ迷彩柄
 →蛍光オレンジによる高い視認性と、色盲の獲物からのステルス性を確保してます。
  

・擦れても音がしにくい生地(サイレントコート)
 →シャカシャカ音がしにくいです。忍び猟には大事な要素です。

・短起毛により水をはじく撥水加工(ピーチフェイスコート)
 →雪山狩猟では嬉しい機能です。

   


・防水ながら透湿性を確保したブレスアブル素材

・無線を入れるのに最適なポケットとアンテナを固定可能なベルト
 →巻狩りに必須な無線。
  長くて邪魔な無線のアンテナを肩にあるベルトで固定できます。
  また、このポケットフロントにあるハトメ2個には、
  狩猟登録バッヂを取り付け可能です。

   

・風の侵入を防げるハイネック仕様
 →寒い季節には嬉しい仕様です。狩猟ベストってほとんどが襟なしタイプなのでありがたいはずです。デザイン的にも気に入っています。

   

・軽量(Lサイズでも、猟友会ベストに対し25%軽いです)
 →やっぱり装備は少しでも軽くしたいですよね。

・両開きのセンタージッパー
 →上からも下からもジッパーを開閉でき、通気性の調整が可能です。

 

 

・豊富なポケット(前面5個、内ポケット2個、背面1個)
 ①無線ポケット(12×11×3cm):1個
  → 狩猟者登録バッジを取り付け可能(19×13×2cm):2個
 ②胸部収納ポケット
 ③弾薬ホルダー付き収納ポケット(19×13×3cm):2個
  →このポケットのみ防水ジッパーを採用。
 ④内ポケット(15×12cm):2個
 ⑤背面ゲームポケット(15×12cm):1個
  →色々と入る余裕のサイズ。

  

   

・防水ジッパーを組み合せた弾薬ホルダー付きポケット(ホルダーは計12個)
 →フロントの腰周りのポケットのみ防水ジッパーで、ポケット内には弾薬ホルダーを付けてます。ホルダーは20番、12番どちらも格納可能です。
 さらに、弾薬を入れた状態でも、iPhone7プラスがすっぽり入る余裕あり。

   

・背面の取り外し可能なゲームポケットとメッシュ加工
 →背面のゲームポケットは取り外し可能です。暑い時期は通気性を確保できます。

 


・腰回りのドローコードを内側に
 →腰回りのフィット感の調整のためのドローコード。枝に引っかかりにくくするため、ベストの内側に配置してます。

  

 

機能的には色々と詰め込んではおりますが、
シンプルさ、軽さを大切にし、あまりゴテゴテとはしないようにしましたので、季節を問わずにサラリと羽織れるはずです。

 

▼ このアイテムをどんな人にどんなふうに使って欲しいか教えてください。

道具にこだわる全てのハンターに着て欲しいです。また、ハンターでなくとも、山に入り作業をする人にもオススメできます。



具体的なサイズ表は以下の通りです。

 

身長172cm・体重64kgの場合でSサイズがジャストです。着丈は少し短めにしてあり、山で動き回る際にはこのくらい少し短めの方が腰回りがスッキリして僕は好きです。
とは言え、少しゆったり気味で着たい場合や、冬の巻狩りの際に「待ち」となる場合はかなり着込んだ上からベストを着用したい事もあるので、
Mサイズも着用する日もあり、場合によって使い分けています。
ご参考として、Sサイズ、Mサイズ、猟友会ベスト(フリーサイズ)を比較するとこんな感じ↓です。



↓Lサイズの着用の例。モデルさんは身長180cm。体重72kg。(猪鹿庁の狩猟学校『皮なめしマスター講座』に来てくださった猟師さんです。)

 

※本商品はご注文時の状況によってはメーカーからの取り寄せが必要となり、
配送まで1週間以上の期間をいただく可能性がございますので、ご了承願います。 

 

狩猟のために開発した、猪鹿庁ハンティング・ベストです!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします

  • >
  • >
  • 実用性はもちろん、見た目も完璧。狩猟のために開発した、猪鹿庁ハンティング・ベスト!