腰痛、床ずれを予防!体の軽さを実感できるマットレス&ベッドマット

耐圧分散により、腰痛や床ずれを最大限予防したマットレスが予約注文で登場!マットレスとベッドマットを併せて使用することにより、驚きの体の軽さを実感することができます。

by idea care supply

View

534

値段

在庫数

idea(イデア)コンフォートゲルシート

編集日時: 2016/08/19 16:17

idea(イデア)コンフォートゲルシーツは、腰痛予防、床ずれ予防とて考案、開発されたベッドシーツです。

現在はそれらの他に、体圧分散方式で日頃の体の疲れを睡眠でとられる方々が増えております。

耐圧分散で体に加わる負荷を分散し、マットレスやベッドマットとの組合せで体に加わる荷重を低減し、

自身の今までの感覚とはかけ離れた体の軽さ、体の接地面の負担低減をもたらします。

お奨めは、硬めのマットレス、ベッドマットとの組み合わせで、硬めの寝具との相性が抜群です。

ideaマショマロピローとの組み合わせで更に全身の体圧分散効果、快眠、暑い季節のクーリング効果にも最適です!!

もちろん寒い季節でも厚手の市販シーツと組み合わせて快眠効果抜群です!!

 

美しさと睡眠  睡眠が足りないと太る!?

最近の研究のなかで「睡眠不足は肥満の原因となる」という論文が発表されました。これは肥満大国として有名なアメリカでおこなわれたものです。

研究の内容は、平均睡眠時間が4時間のかたは、平均睡眠時間が7~8時間のヒトにくらべて肥満の割合が高いということです。

なぜそういう研究結果が出たのでしょうか。

原因は睡眠中の脳内ホルモンです。睡眠中は脳内で様々なホルモンが分泌されています。

その中には食欲を促すグレリンというホルモンがあります。同様に食欲を抑えるホルモンとしてレプチンというホルモンが含まれています。

睡眠が少ないと、食欲を制御する二つのホルモンのバランスが崩れてしまうのではないかといわれています。その結果、食べすぎになってしまうのです。

睡眠時間を削ると、それだけ活動時間が長くなるので太りにくくなるような気がします。

 

しかし、深夜に食べるものは脂肪として蓄積されやすいという特性を持っています。  

ヒトは4時間ごとに食事を摂るように体内時計が刻まれています。毎日の睡眠時間を4時間しかとってないと仮定すると、

朝に朝食、昼に昼食、夜に夕食と3食の食事をします。夕食が午後7時だったとすれば午後11時にはお腹が減って仕方がないということになります。

そうなると当然夜食を摂ることが当たりまえになってくるでしょう。  

夜食は太りやすいのです。かといって起きているにはエネルギーが必要です。これでは食べざるをえません。

やはり睡眠時間が少ないと太りやすいという説は無視できないのではないでしょうか。

ideaコンフォートゲルシートで快眠快起を!!

 

本製品の最大の特徴は、人生の1/3を過ごす「睡眠」において、寝ながらにして日頃の体の疲れを体圧分散しながら取り除く他、

平均身長の方であれば、頭の先から踵まで、床ずれ懸念になる部分を全てカバーすることが可能という製品であります。

 

 

ホールド感と、心地よい体圧分散で、ご利用者様のどんな体形にフイットしながら腰痛予防、腰痛低減、疲労予防に最大限効果をもたらします。

 

ヒトは眠ることによってカラダを形成し、成長しています。なぜなら寝ているあいだは様々なホルモンが分泌されるからです。

ストレートネック、肩こり、首痛等でとても重要な睡眠を妨げていませんか? 

 

 

idea(イデア)コンフォートゲルシート

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします