職人歴70年の伝統工芸士が作る絵馬「願いを叶えるゾウ」!

大学や高校受験、就職活動など、みなさんの願いが叶いますように、幸せが訪れますようにと想いを込めて作った絵馬です。86歳の伝統工芸士が作る新たな表現。日本の文化と、巧みな技術が感じられる一品になりました。ぜひご覧いただければ幸いです。

by hito-toki product

View

33

値段

¥ 3,300

在庫数

5

職人歴70年の伝統工芸士が作る絵馬「願いを叶えるゾウ」!

編集日時: 2021/01/27 18:01

受験や就活シーズン。もう験担ぎはしましたか?今年は神社にお参りなど外出ができない方も多いはず。

そこで今回ご紹介したいのが、お家で願い事をお願いできる絵馬「願いを叶えるゾウ」。

裏にお願い事を書いて、神棚に飾ったり、お守り代わりとして持ち歩いたり。

願いは思っているだけよりも書き出した方が叶いやすいと言われています。

2021年叶えたいこと、合格や就職祈願など大切な思いを綴ってみてください。

象が対になっているので縁結びのお守りとしてもおすすめです♡


◆86歳の伝統工芸士の巧みな技術


「願いを叶えるゾウ」を手がけるのは彫刻師の山口秀夫さん。

国が指定する伝統的工芸品「新潟・白根仏壇」の伝統工芸士さんです。

16歳から職人の道に邁進しこの道70年!数々の賞も受賞し、まだまだ現役で活躍されています。

近年、安価な仏壇の普及や生活様式の変化により需要が減少している手製の仏壇。
そんな中でもその技術をいかし、様々な商品づくりにチャレンジされています。



こんなに繊細な模様も手彫りならでは。
下書きも手書きで描かれています。


とても勉強熱心な職人さんでデザインなど気になるものがあるとすぐに形にされています。

私たちの生活から離れつつある“彫刻”という文化。
それをもっと身近に感じられるように、楽しんでもらえるように今回絵馬を制作しました。

モチーフは仏教の世界で幸せを運んでくれると言われている“象”。
皆さんに幸福がもたらされますようにと願いを込めて「願いを叶えるゾウ」と名付けました。 
象は社寺の木鼻にも使われることの多いデザインです。そんな象がミニチュアサイズになり、かわいらしく絵馬として生まれ変わりました。

手仕事のかっこよさ、木の温かみの感じられる彫刻のある暮らしを始めてみませんか?

職人歴70年の伝統工芸士が作る絵馬「願いを叶えるゾウ」!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします