【美×美】野生シンビジュームの掛け合わせ。大王蘭~だいおうらん~

シンビジュームの鉢物の出回るシーズン。華やかなシンビジュームに魅了されがちですが、原種の良さも味わい深いんです。今宵は原種系シンビジュームの世界に飛び込んで、大王蘭の野性味あふれる洗練された美しさを感じてみませんか?

by hanazukin(花ずきん) 農家直送の花苗・シンビジュームの花束

View

201

値段

¥ 6,000

在庫数

3

【美×美】野生シンビジュームの掛け合わせ。大王蘭~だいおうらん~

編集日時: 2018/11/21 12:29


こんにちは!hanazukin(花ずきん)です。



花ずきんは、宮崎県西都市にある西都園芸(さいとえんげい)で

育てられた花苗を直送するネットショップです。



今回は、ただいま開花中の大王蘭のご紹介です。

大王蘭は、当園で生まれたオリジナルのシンビジュームです。







~誕生秘話~


大王蘭は、当園の敷地内にあるバイオ室生まれです。


シンビジュームの華やかさを競う時代。

当時、様々な改良品種を産み出してきた園主は


複雑に交雑したシンビジュームの華やかな魅力とは別に


原種特有のシンビジュームのもつキメ細やかな美しさに気付き

原種同士の掛け合わせの面白さに着目し、組み合わせを試みました。



その甲斐もあって、

原種同士の交配によって生まれたシンビジュームは

強くて丈夫で野生的な魅力を残したまま、

渋くて個性的でそれでいて無駄のない、シンプルな蘭となりました。


原点にかえり、やっぱり原種の良さに気付かされた現代になり

味わい深い原種同士の交配種は、今やとても貴重な花です。





~品種の特徴~


大王蘭は『ホウサイラン』と『フィンレイソニアナム』の交配種です。


原種のシンビジュームは、力強いです。


中でも、フィンレイソニアナムは

私たちが普段見かける一般的なシンビジュームとは全く異なった

硬い葉をしているため、フィンレイソニアナムを親にもつ大王蘭は

非常に丈夫で格好良く、個性的な葉を持つ特徴があります。



大王蘭は、ホウサイランに比べ部厚く幅広です。

第一代交配のため、両親の良いところやクセ、

あ~こういうところが似ているな、など感じられることが多く

似ている部分を探して楽しんで頂けると、さらに面白い、と思います。




開花時期は、11月~3月の不定期咲きで、

花付きが良く年に何度も咲くことがあります。


4cmほどのサイズの小さな花で、一茎に30輪ほど咲きます。

赤褐色の寒蘭に似た花です。



観葉的にも楽しめるので、

葉が焼けないよう、少々遮光をしての育て方が向いています。


水は大好きなので、植え込み材の表面が渇いてきたら与えてください。






強くて丈夫で、威厳のある立ち姿が大王のようで、

多くの人の敬愛を受けますように、と『大王蘭』と名付けられました。



お客さまにも名前がいい!素晴らしい!と言って頂けましたので、


人は自分に似ているものに惹かれると言いますし、

この、縁起の良いシンビジューム『大王蘭』で

育てる方が威厳と風格のある人となられますようにと、願っております!



【大王蘭】


【美×美】野生シンビジュームの掛け合わせ。大王蘭~だいおうらん~

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします