春夏の手元のアクセントに!<SOKO>の大人カジュアルな上品バングル

リサイクルの真鍮など環境に配慮した材料を使い、ケニアの職人の伝統的な技術を生かしてハンドメイドで作られている<SOKO>のアクセサリー。「UNITED ARROWS」や「nano・universe」「IENA」「BARNEYS NEW YORK」などのセレクトショップでも取り扱われている大注目のブランドです。

by Global Standard Store

View

510

値段

¥ 11,520

在庫数

1

春夏の手元のアクセントに!<SOKO>の大人カジュアルな上品バングル

編集日時: 2018/05/14 12:08

薄着で過ごす日が多くなり、アクセサリーが映える季節になってきました。

 

そこで、<SOKO(ソコ)>のアクセサリーをワードローブにプラスしてみてはいかがですか?

 

今回ご紹介させていただくのは、アメリカ・サンフランシスコ発のアクセサリーブランド<SOKO>『Aura Cuff』です。

 

「JJ」や「BAILA」といった雑誌にも掲載された大人気のアイテムです。

 

 

真鍮製なので、高級感のある落ち着いたゴールドカラーがポイント。

 

素肌に馴染みやすく、コーディネートから浮いてしまう事もありません。

 

 

物足りなくなりがちな春夏のコーディネートに加えるだけで、華やかさ&トレンド感をプラス出来るアイテムです。

 

 

シャツを腕まくりしてチラリと覗かせたり、カジュアルになりやすいTシャツに女性らしさをプラスしたり、

これからの季節に大活躍間違いなしのバングルです。

 

 

 

程良いボリューム感のため、単品付けにも重ね付けにもピッタリですよ。

 


【アイテム紹介】

 

素材:真鍮


手首周り:12.5cm~


幅(最大):0.9cm

 

 

【ブランド紹介】

 

アメリカ サンフランシスコ発のジュエリーブランド<SOKO>は、途上国の職人をサポートしたいという思いから2012年に立ち上げられました。

 

リサイクルのブラス(真鍮)など環境に配慮した材料が使われたジュエリーは、ケニアの職人たちの伝統的な技術を生かしてハンドメイドで作られています。

 

 

工芸品職人は発展途上国において2番目に多い職業ですが、たくさんの職人たちが家族を支えるのに十分な収入を得られていません。

 

なぜならば、販売先が現地のごく小さなマーケットに限られているからです。

 

 

そんな現状を変えるべく、「美しいものを作るには、それを作っているシステムもまた美しくなくてはいけない」をコンセプトに、

<SOKO>はケニアの職人と世界中の消費者を繋ぐシステムを考案しました。

 

 

<SOKO>の物流システムでは、2500人を超えるケニアの職人が携帯電話を使い、世界規模のマーケットで製品を販売することが出来ます。

 

また、<SOKO>の物流システムはローコストで運営が可能なため、消費者はより安価で高品質な商品を購入し、職人はより多くの収入を得られます。

 

 

 

 

その結果、通常の物流システムでは収益のたった2~3%しか職人の手に渡りませんが、<SOKO>では収益の25~35%が職人に渡されています。

 

出典元:SOKO Instgram (https://www.instagram.com/p/BCaKjyXIzIf/?taken-by=shopsoko)

 

ちなみに、女優のエマ・ワトソンさんも、<SOKO>のコンセプトに共感し、アクセサリーを愛用しています。

 

 

 

物足りなくなりがちな春夏のコーディネートに、ぜひ<SOKO>のバングルをプラスしてみてはいかがですか?

 

 

--------------------------------------------------------------------------

 

Global Standard Store

 

BASE:https://gsstore.theshop.jp/

 

instagram:https://www.instagram.com/global.standard.store/

 

--------------------------------------------------------------------------

 

 

春夏の手元のアクセントに!<SOKO>の大人カジュアルな上品バングル

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします