アクの強いモデルを起用した街撮りZINE「boys in tokyo sentimental」

フィルムカメラをメインに東京のノスタルジックな風景を撮り収めている、ストリートフォトグラファーあしだち なお氏のZINE。同氏が街撮りポートレートを撮りためていくうちに、“センチメンタル”というテーマに行き着いた。いい意味でアクの強いモデルを起用したことで、彼らが持つ気だるさなどがよりセンチメンタルな風景に変化させた。

by 八ZINE

View

1.5K

値段

¥ 1,000

在庫数

0

アクの強いモデルを起用した街撮りZINE「boys in tokyo sentimental」

編集日時: 2016/08/19 16:25

「私の東京愛、街風景愛が伝わると嬉しい」

フィルムカメラをメインに東京のノスタルジックな風景を撮り収めている、ストリートフォトグラファーあしだち なお氏のZINE。
今作の舞台は鴬谷、浅草橋、堀切、有楽町、東京モノレールの5つ。同氏が街撮りポートレートを撮りためていくうちに、
“センチメンタル”というテーマに行き着いた。
いい意味でアクの強いモデルを起用したことで、彼らが持つ気だるさ、毒々しさ、切なさがよりセンチメンタルな風景に変化させた。
普段はInstagramを使って活動することが多いあしだち氏だが、

「写真はやはり印刷するのが一番。ZINEが仕上がった後、嬉しくて何回も何回も見返しました」

と、中面を読みながら話してくれた。

 

「ゴミゴミした東京の狭い空に、彼の繊細なイメージがハマった」

今作の中で特に思い入れがあるという一枚。
「今までの作品で、一番多く撮らせていただいたモデルさんとの初対面時のもの。ゴミゴミした東京の狭い空に、彼の繊細なイメージが
ぴったりと当てはまった気がして、撮っているときにこれだ!と実感した写真です」と語るあしだち氏。
スマホの画面ではなく、大きく印刷されたZINEに見ごたえがあったそうで、
「自身の作品をより愛おしく思えた」
今後は、無くなりつつある日本の文化・建造物にフォーカスを当てた作品を発信するそうだ。

アクの強いモデルを起用した街撮りZINE「boys in tokyo sentimental」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします