アンティークのスプーンをペンダントに♡リメイクシルバーペンダント

アンティークのスプーンをリメイクして、ペンダントにしてみました! アンティークが持つ古めかしさや独特さを、刻印も入れ、現代の装飾具ととして生まれ変わらせました。 ミステリアスな雰囲気に仕上げました。 ボリュームがありますがとても軽いので、男性にも女性にもオススメです。

by Early2(アーリー2)

View

1.5K

値段

在庫数

アンティークのスプーンをペンダントにリメイク!

編集日時: 2017/09/24 15:35

アンティークのスプーンを使って、ペンダントにしてみました。

 

前回はスプーンの柄の部分を使ったスプーンリングを書きましたが、

今回はそれで余った部分を使ってペンダントトップにしました。

まずは平たく叩きます。

それだけだと寂しいので、これまたアンティークの串を使って飾り付けします。

これがビフォワー画像です。

端と端を使った感じです。

 

ニワトリの裏側をトップとぴたりと重なるよう、平たく綺麗に削ります。

それをくっつけて表面は完成です。

裏側は925の刻印を打ちます。

これは銀の純度を表すもので、銀は大変柔らかく傷が付きやすいので、

敢えて銅などの不純物を混ぜて硬度を上げます。

海外ではSterling Silverと刻印を打つ場合もあります。

意味は同じです。

ニワトリの串の部分の刻印はそれです。

 

これで終わりでも良かったのですが、

ホルスの目の刻印を打ちました。

これを打つことでコミカルだったニワトリが、なんだかミステリアスな、

儀式的なアイコンに見えてくる不思議です。

 

雰囲気を持たせるため、一旦全体を綺麗に磨いてから、最期に敢えて荒らします。

そうすることで、光り輝いていた鏡面とは違い、マッドな仕上げによって反射面がなくなり、

燻し銀な雰囲気になります。

仕上げの方法はその都度、作品によって変えています。

 

 

この他にもオリジナルのアクセサリーを多数、取り揃えております。

是非一度、ショップまでお越しください。

ナニトゾ!!

アンティークのスプーンをペンダントにリメイク!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします