【制作現場にも潜入!?】猫ちゃんも飼い主さんも嬉しい珪藻土の水置き♡

珪藻土の水置きWaterbowl stationの制作現場「soil株式会社」に潜入!!!商品の最終打ち合わせの際に、Waterbowl station の制作をお願いしている株式会社soilにて、制作現場を見学させていただきました。

by DecoraMeow デコラミュウ -おしゃれな猫用品の製作販売・輸入販売

View

1.6K

値段

¥ 6,480

在庫数

8

珪藻土の水置きWaterbowl stationの制作現場に潜入

編集日時: 2016/10/24 11:53

珪藻土の水置きwaterbowl stationの制作現場に潜入!

 

商品の最終打ち合わせの際に、Waterbowl station の制作をお願いしている株式会社soilにて、制作現場を見学させていただきました。

株式会社soilは、金沢にある左官業を営む株式会社イスルギのデザイン事業としてはじめられたブランドです。

株式会社イスルギは、江戸時代の加賀百万石として栄えた城下町で代々左官業を営み、現在に至るまで左官の技術を継承し、国内でもトップクラスの左官職人を排出しています。
その中で派生した、伝統技法の左官技術を駆使して作られた珪藻土のバスマットが、国内外で評判を呼んでいます。
DecoraMeowスタッフもバスマットを使っていて、その吸水性や速乾性、そして素材の良さに魅了されて、オリジナルデザインのペット用水置きを企画しました。
 


さて、前置きが長くなりましたが制作現場へ潜入です!!


まずはサンプルの確認で、商品開発や技術指導をする左官職人さんと打ち合わせをしました。

もう少し溝を…
L型の接合部の強度を上げるには…
パルプを入れると強度は増すが、珪藻土本来の性能が落ちるし匂いを吸ってしまうからパルプは入れないで…
裏側がまっすぐしていないと置いた時にガタつきができて割れやすくなってしまう…

などなど、珪藻土の持つ本来の性質を最大限に活かしながら、強度を高める方法や、より吸水性速乾性を高めるように仕様を決めていきました。

呼吸する土とも言われる珪藻土の原材料は土。水と混ぜ合わせてドロドロの状態にしたものをシリコン型に流し込んで固めます。


ある程度乾いたら型から外し整形をします。
そして整形ができたら次は乾燥です。

 

焼き固めをしないので工房の棚にズラーッと並べて乾燥させます。


これらの行程は全てが人の手によって行われる、完全な手作りです。
最近は中国生産のお安い類似品も出回っていますが、本物の製品の違いを是非、感じて下さい!!

熟練の技術者の方々が、ひとつひとつ丁寧に仕上げた珪藻土の水置きWaterbowl station は、日本に古くから伝わる伝統技法を駆使した、自然素材の、地球にも人にも猫にも優しい製品です!!

 ----------
 

保存

保存

保存

珪藻土の水置きWaterbowl stationの制作現場に潜入

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします