サイバー&サイバーパンクブランド「D/3」の背骨ビッグパーカー ができるまで

【背骨ビッグパーカー Cyber Backbone ver3.0α 】サイバー&サイバーパンク好き必見!背骨が描かれたビックパーカーの制作秘話をご紹介!

by "D/3" OFFICIAL WEB SHOP(ディースリー オフィシャル ウェブショップ)

View

4.3K

値段

¥ 15,660

在庫数

0

【背骨ビッグパーカー 】制作秘話 サイバー&サイバーパンク ブランド D/3(ディースリー)

編集日時: 2017/05/02 18:14

 

▼ 背骨シャツ&ビッグパーカーはD/3(ディースリー)のヒットアイテムです!

これらができるまでには、何度も試行錯誤を重ねた歴史があります。
今回は、どんな風にこの背骨シャツ&ビッグパーカーが完成したかお話ししたいと思います。

 

まずはじめに、
D/3はサイバープログレッシヴ(進歩するサイバー)コンセプトにしています。
が、Tシャツやパーカーは、最近までデザイナー本人が一枚一枚、手作業で刷っていました。
もちろん未だに手刷りのものも沢山あります。

 

始めた当初は、生産枚数も少なくプリントを誰かに頼むことはできませんでした。

お陰様で最近やっと一部の商品が工場さんにお願いできるようになりましたが、当初はサイズや色の問題で工場さんがなかなか見つかりませんでした。

そんな中、友人が勤務する工場さんに大変快くご協力していただき、とうとう背骨のパーカーとシャツが工場に出せるようになりました。

本当に感謝しかありません。

そんな事情の中で、この背骨のデザインは作られました。

この背骨のデザインは、
デザイナーのkossyが、2013年にスタートしたD/3の前身ブランドD/2(メンズブランド)にて作ったオリジナルのロング丈のTシャツ&タンクトップ用にデザインをイラストレーターCheese依頼したのが始まりです。

当時サイバーパンクなアニメーションを見ながら『サイボーグになれる服』をテーマにすると良いかもと思ったのが原案となっており、この発想は現在もD/3に息づいています。

当時製作したTシャツは普通のTシャツの版下よりかなり大きく、当初は4版刷りから始まりました。

上下で分解し、一色剃っては乾かし場所を慎重に合わせて、もう一版。
また乾かしてまた一版。またまた一版。
途中まで成功しても、最後の最後で失敗。と本当に悩まされた一品です。

それでもこのデザインが大好きだったので、なんとかしたいと試行錯誤を開始

どうにか版の数を減らして失敗を減らしたい
と考えるもなかなかいい案が思いつかない。
そして 2014年 D/3が誕生し、普通丈のTシャツを販売することとなり、そのサイズでも出せる背骨Tシャツをと思い骨盤部分をカットしてテスト販売

(縮小して全体を入れる案もありましたが実際の体の骨盤位置とずれる等の問題があり却下)。

しかし、どうしても骨盤部分も何とか入れたいという欲求が募り、Tシャツより丈が長いシャツを販売開始。

ここから1色刷りの背骨のデザインをし直すことに。

背骨らしいデザインで尚且つ、サイバー感があるもの。単色でかっこいいもの。

それは本当に難易度が高く何度も何度もやり直しました(cheese談)。

そしてついに、2015年11月13日金曜日 21:28 プロトタイプが完成
絵の中の数字は、直近に迫ったバックトゥーザフューチャーの未来の日です(cheese談)。。2015年10月21日 16:29

版下も巨大なものが作れる場所を探し出し、ついに2版刷りに成功
当初はTシャツも販売していたため、Tシャツにギリギリ入るサイズの骨盤なしの版下と、骨盤も入るシャツ用の版下を作成。

しかし巨大な版は、普通のTシャツの中に入れる板でははみ出すため
板も自作することにTシャツに刷ってみるも
やはり普通丈のTシャツのサイズ小さく断念

なんとかシャツに刷れるようになるも
シャツが板に吸い付かないことと、2版にしたことでずれてしまう。
成功率6割。3枚中、1枚失敗と言う散々な結果に。

その間にあのビッグパーカーの企画が生まれ、ビッグパーカーもサイズ的にプリント可能という話になりビッグパーカーでも生産開始。
フードがでかすぎて刷りにくいなどの問題をなんとか回避しながら、ビッグパーカーは成功率は7割に。

このパーカーが大ヒット!

しかし生産が追いつかない。


手で刷る、パーカーに穴を開ける。テープにプリントする。金具をつける。
と、とても手間がかかる。そして失敗すると、服が汚れたり、穴が空いたり、製品として販売できない。
 

なんとかこの状況を脱したいと、
2017年3月28日火曜日 19:24 とうとう最終のV3(実は、初期モデルから3回モデルチェンジしておりその都度細かいアレンジが全体に加えられているんです)が完成いたしました。

そしてビッグパーカーの成功率はやっと8割に。

しかしシャツの成功率、驚きの5割。
絵自体はずれなくなったものの、版下が更に大きくなったことで失敗が増える。。
2枚に1枚、失敗。。。

版のサイズの問題からうけてもらえる工場が見つからない
でっ、いつも品切れ状態。

 

そんなこんなでつい最近
とうとう工場さんが晴れて見つかり、ビッグパーカーとシャツを刷ってもらえることに

初めて見たその仕上がりは、本当に感動モノ。
今までの苦労が報われた気がしました。

まだまだ手作業の部分は多いこのシャツとビッグパーカーですが、
みなさまに喜んで頂ける限り作っていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。


D/3 kossy

 

▼D/2(メンズブランド)にて作られたロング丈のTシャツ>

背骨プリントver.01

▼D/2(メンズブランド)にて作られた普通丈のTシャツ>

▼D/3にて普通丈のTシャツとしてテスト販売>

背骨プリントver.1.5

▼どうしても骨盤部分を入れたいとシャツとして販売>

背骨プリントver.2

▼背骨シャツ Cyber Backbone ver3.0α 完成>

背骨ビッグパーカーCyber Backbone ver3.0α 完成>

 

【背骨ビッグパーカー 】制作秘話 サイバー&サイバーパンク ブランド D/3(ディースリー)

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします