素材によって切れ味が異なる?自分に合った包丁選びのポイント!

包丁選びのポイントは、ずばり“切れ味の良さ”です。 包丁の切れ味は、刃に使用されている鋼材によって 左右されます。 当記事では、切れ味の良い鋼材の選び方を 紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

by ダマスカス包丁の専門店 Kia Ora

View

44

値段

¥ 52,200

在庫数

5

素材によって切れ味が異なる?自分に合った包丁選びのポイント!

編集日時: 2021/02/01 12:20


数多くある包丁の中から、自分に合った包丁を選ぶのは至難の業…

そのようなことはありません!

包丁を購入する際には、絶対に外してはいけないポイントを

しっかりと抑えておきましょう。

包丁選びのポイントは、ずばり“切れ味の良さ”です。

包丁の切れ味は、刃に使用されている鋼材によって

左右されます。

当記事では、切れ味の良い鋼材の選び方を

紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「切れ味の良い包丁とは?」



切れ味の良い包丁とは、

食材を潰すことなく、

余計な力を入れなくても

キレイに食材を切り分けることができるものです。

購入したばかりの包丁であれば、

どの包丁でも切れ味がよいですが、長い期間使い続ければ

だんだんと切れづらくなってしまうものです。

しかし、すぐに包丁が切れづらくなって困るという人は、

包丁の鋼材から見直す必要があります。

 

「切れ味の良い鋼材“VG10”とは?」



包丁は使っている鋼材によって、

切れ味やその他の特性が異なります。

切れ味の良い包丁には、

硬い鋼材が使用されています。

切れ味の良い硬い鋼材に

VG10」という鋼材があります。

VG10には「モリブデン」「コバルト」「クロム」「バナジウム」

が含まれており、耐摩耗性・耐腐食性に優れた

錆びにくく欠けにくい、頑丈で切れ味の鋭い包丁です。

切れ味の鋭い包丁を選ぶ際には、この「VG10」が

使用された包丁を選ぶと良いでしょう。

 








素材によって切れ味が異なる?自分に合った包丁選びのポイント!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします