味わいの変化を愉しむ!煎茶二煎。 一煎目は、65度。二煎目は80度で淹れる。

煎茶は、淹れる温度で味わいの違いを愉しめます。一煎目は、65度程で淹れて、煎茶のうまみを存分に味わい、お菓子を頂きながら二煎目は80度程で淹れて若干の苦渋みを味わうことで、さらにおいしいお茶がいただけます。ぜひ、お試しください。

by charakuan

View

47

値段

¥ 1,080

在庫数

4

味わいの変化を愉しむ!煎茶二煎。 一煎目は、65度。二煎目は80度で淹れる。

編集日時: 2019/11/12 09:52

煎茶は、淹れる温度で味わいが変わります。

一煎目は、熱湯から65度まで温度を落として淹れます。

この温度で淹れると苦渋み成分が抑えられ、一口飲むと

口の中にまろやさとうまみが広がります。

煎茶の美味しさは、まさにこの味わいです。




※一煎目 65度程で淹れます




そして、お菓子をいただき、二煎目を淹れます。

二煎目は、温度を上げて80度ほどで淹れます。

苦渋みを感じられ甘いお菓子と一緒にいただくと、煎茶の美味しさが引き立ち

口の中がさっぱりします。


※二煎目 85度程で淹れます


ちなみに一煎目で高温(85度ほど)で淹れるとカテキンの抽出が

多くなり、シャキッとなります。しっかり目を覚ましたい

時やなんとなくぼんやりした頭をクリーンにしたいときは、

煎茶を高温で淹れると効果的です。


▼今回の淹れ方

・一煎目

 温度:65度

 浸出時間:45秒

 2人分の茶葉:6g


・二煎目

 温度:80度

 浸出時間:15秒


 

今回は、畳の部屋で煎茶を淹れてみました。

一煎目、二煎目と淹れる温度でずいぶん味わいが変わるのが

煎茶の特徴です。是非、お試しください。



茶楽庵


-----------------------------

日本茶専門店「茶楽庵/charakuan」 

https://charakuan.thebase.in/


▼【おすすめ】新茶 牧之原茶 お得な煎茶3パック(日本製茶さじ付)

  https://charakuan.thebase.in/items/19752682


▼instagram

 https://www.instagram.com/charakuan/


▼よろしければ、下記URLでcharakuanをフォローをお願いします。

 新茶情報やクーポンを発行いたします。

 https://thebase.in/to_app?s=shop&shop_id=charakuan&follow=true

味わいの変化を愉しむ!煎茶二煎。 一煎目は、65度。二煎目は80度で淹れる。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします