アメカジイベントTV取材風景。

大人に楽しんで頂けるアメカジプリントTシャツ。

by Jefferson clothing co.

View

42

値段

¥ 5,200

在庫数

11

アメカジイベントTV取材風景。

編集日時: 2020/02/20 11:51

こんにちは。

2020年1月に自ら主催で開催したイベントが取材され

放送されていたのでご紹介させて頂きます。


アメカジイベントの為にアメリカから取り寄せたビンテージ モービルオイル缶やビンテージ 

シアーズローバック社クラフトマンアームライトなどディスプレイ用品にも力を入れてみました。


木製ラダーやサインプレートも全てMADE in USAです。

Tシャツと同デザインの日本製美濃焼マグカップも限定でお作りしました。


アメカジをライフスタイルでお楽しみくださいね!


〜アイテム詳細〜

モーターサイクルアクセサリーやグッズで全米に名を轟かせたJefferson社の業務拡大に伴い、1954年Kustom工場を新設した際、士気を高める為に整備士に配布されたメカニックTシャツ。

メカニカルパーツをイメージしたBrassカラー。
バックプリントの1954は整備工場の建設年。

レイヤードを楽しめるようにフロントプリント、大人が着れるように派手すぎづ、しっかり主張出来るブラスプリント。洗い込む事でのエイジングをお楽しみ頂きたい。

【生地】
ボディはふっくら肉厚で肌触りが非常に良く、丈夫な綿100%を使用。

【丸胴仕様 】 
Tシャツなどのカットソーは、複数の生地を縫い合わせて作られていますが、今回使用した物は身頃部分が筒状の1枚の生地から出来ている丸胴仕様。胴体部分に縫い目がないため着心地が非常に良いです。

【シルエット】
シルエット(身巾)もタイト過ぎないのでロングスリーブやサーマルとの重ね着にも重宝します。夏場も風抜けが良く、良好な着心地が味わえます。

肩肘張らずに楽しく着て欲しい!!!

【シルクスクリーンプリント】
熟練職人が版に直接インクを置いて、スキージーで刷ります。均等な力とスピードでスキージー(インクを刷り込ませるハケのような道具)を手前に引きます。スキージーを動かすと、版からインクがTシャツに触れます。この時の角度や力加減でプリント面(厚みなど)仕上がりが変わる為、熟練のワザが必要。打ち合わせを重ねながら理想を追求。

【織りネーム】
デザインを工場に送って数日間、自分の理想を追求して何度もやりとり後、生産開始となりました。完成まで1ヶ月半を費やした力作です。シャトル織ならではの趣のある独特の風合いは、シャトルが通ることで糸間に生まれるわずかな空気層により引き出される、高効率化を求められる現代において、あえて風合いを求めました。

サイズ
S
身丈66cm
身巾49cm
肩巾44cm
袖丈19cm
M
身丈70cm
身巾52cm
肩巾47cm 
袖丈20cm
L
身丈74cm
身巾55cm
肩巾50cm
袖丈22cm
XL
身丈78cm
身巾58cm
肩巾53cm
袖丈24cm
コットン100%ですのでお洗濯後、若干縮みます。
身丈、身巾、肩巾で約2センチ縮み生地感がふっくら肉厚になる生地です。



アメカジイベントTV取材風景。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします