サンフランシスコ現地で撮影したゴールデンゲートブリッジをフォトT-shirtへ

米・サンフランシスコにて撮影したゴールデンゲートブリッジの写真をシルクスクリーンを使い、手刷りでプリント。水性インク4版構成です。写真のピクセルを表現するため特別に高密度のシルクスクリーン版を使用しています。DARGOの核となるアメカジマインドを表現した初のフォトTeeが遂に登場です!

by DARGO

View

393

値段

¥ 5,400

在庫数

15

【サンフランシスコ現地で撮影したゴールデンゲートブリッジをフォトT-shirtへ】

編集日時: 2018/07/10 18:11
 
こんにちは、熊本発インディーズT-shirtブランド【DARGO】です。
僕たちはアメカジマインドを大切にしており、T-shirtは熊本市内の専用スタジオにてシルクスクリーンを使い、手刷りでプリントを施しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【DARGO】
"Golden Gate Bridge" T-shirt
color:WHITE, ASH GREY
size:XS, S, M, L, XL
price:5000yen + TAX
Hand Screen Printed in Kumamoto City.
 
・・・・・
 
 
3年前、DARGOを立ち上げてすぐにアメリカへ買付旅行へ行きました。
場所はカリフォルニア州サンフランシスコ近郊。
 
 
実はゴールデンゲートブリッジを渡るプランは旅の予定にないルートでしたが、そこはせっかくなんで、ね。
 
 
ゴールデンゲートブリッジ(金門橋)と呼ぶのに、橋の色は赤。
この赤色のことをインターナショナルオレンジと呼ぶそうです。
 
 
1937年に完成した際、むこう100年にわたり世界のシンボルとなることを予感した建設者があえて黄色ではなく発色が良くて目立つ赤色にしたのか、、、は定かではありませんが、当時はそんなことを考える間もなく、ただただテレビでしか見たことのない世界の橋に心を奪われながら通ることしかできませんでした。
 
 
僕はここ熊本で起きた並木坂の古着ブームからアメリカに興味を持ち、アメカジが好きなら貧乏旅行でも良いから一度はアメリカに行くべき。そんな想いからサンフランシスコへ向かいました。
 
 
そして今は逆。次はアメリカで感じた感覚や想いを熊本で表現。
 
 
この橋を通ったのは買付の帰りだったので夕暮れ時。
帰宅ラッシュで渋滞の中、伝統のインターナショナルオレンジと夕闇のパープルが混じり合った幻想的な色合いに。
 
 
橋の右側に夕陽が沈んでいく、そんな11月のSan Franciscoの空気をT-shirtに投影しています。
 
 
 
 
展開はシンプルな2カラー
 
 
 
 
 
 
 
さすがホワイト。どんなパンツとも相性の良い万能カラーです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通常のグレーよりも やや明るいグレー。どことなく90年代のストリートっぽくて気に入っています。かなり絶妙な杢感がド渋なんです。
 
 
 
 
 
 
写真だと色の対比が分かりづらいので並べてみました。
 
 
 
 
 
【STYLE】171cm 59kg / WHITE (M) 着用
 
 
 
 
 
 
【STYLE】171cm 59kg / ASH GREY (M) 着用
 
 
 
 
意外にもDARGO初のフォトT-shirtです。
プリントはもちろん熊本市内の専用スタジオにてシルクスクリーンを使い、手刷りで施しています。(後日、技術編ブログを書きます)
 
 
フォトデザインをプリントする場合、写真のピクセルまで細かく再現しなければいけないのでシルクスクリーンは特別に超高密度のものを製作。おかげで針の先のような大きさも印刷できるようになりました。
 
 
インクは水性染み込みインクを採用。
洗うたびに色が徐々に抜けて経年変化をしてくるのでヴィンテージT-shirtのような風合いを感じていただけます。それはまるで本物の写真が時間の経過とともに色褪せたような変化に。そういったちょっとしたロマンもこのT-shirtでは一緒に感じていただけます。
 
 
 
プリント構成はシルクスクリーン4版構成にて。
1版でも6000円くらいするので、それを4枚重ねるとか、もうこのレベルは大手企業は絶対にシルクではやらない。原版を必要としない最新インクジェット機器でやるはずですが、まがいなりにもウチはT-shirtブランドですから、そこは丹精に一枚ずつ手刷りで製作させていただきました。
 
 
手刷りならではのカスレや滲みがやっぱり最高です。
インクもシルクでないと水性インクを使えないので、発色の良さも光っていますね。
 
 
コレ着てLEVIS 501やVANSを履いたり、appleのパソコンでデスクワークしてたらマジでカッコいい。惚れちゃいます。(だってそれらは同じカリフォルニア州を本拠地とする企業だから)
 
 
 
DARGO2018ラスボス級のアイテムでいて、今後のDARGOの展開のカギになる、まさしくターニングポイント的なT-shirtが完成しました。
 
 
オンラインストア掲載済み。スタジオにも数点ストックあります。
是非チェックしてみてください。
 
 
 
【DARGO】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Narimatsu
-----------------------------------------------------
【DARGO John Bull Studio】
熊本県熊本市東区下南部3丁目10-26
ジョンブルアンティーク内
OPEN / 11:00~18:00
定休日/毎週火曜日
 
【OFFICIAL HP】
 
【ONLINE STORE】
 
【STORE NEWS】Please Follow Me!!
 
・1点1点、手刷りでTシャツにプリントするということ
 
【Instagram】
・DARGO
 
・ディレクター(Narimatsu "RATS" )
 
-------------------------------------------------------
【DARGO Hand Screen Printed T-shirt】
-- Independent Japan Brand --
Inspired by U.S Culture,  Roots in California,
Work in Japan,  Heart in Kumamoto.
E-mail:dargo.japan@dargo2014.com
【サンフランシスコ現地で撮影したゴールデンゲートブリッジをフォトT-shirtへ】

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします