若者の主張が栄えた70's American Cultureを彷彿とさせる、スウェット

【HAVE A NICE DAY】は『よい一日を!』という意味で、アメリカ国内では気軽な挨拶として頻繁に用いられていて、若者の主張が栄えた70's American Cultureを彷彿とさせます。 プリントは手刷りで行っており、Tシャツが発展途上だった60年代のようなアナログな雰囲気がポイントです。

by DARGO

View

1.6K

値段

在庫数

【DARGO】”HAVE A NICE DAY” Pull Over Hoodie

編集日時: 2016/01/12 09:23
こんばんは!DARGO JAPANです。





【DARGO/ダーゴ】
”HAVE A NICE DAY” Hevy Weight Pull Over Hoodie
color:オートミール・グレー・ネイビー・ブラック
size:S/M/L/XL
price:6900yen (in tax)

【オンラインストアはコチラからどうぞ】
オートミール (CLICK!!)
グレー (CLICK!!)
ネイビー (CLICK!!)
ブラック (CLICK!!)



暖冬、エルニーニョ…。
ということで正月なのにココ熊本も最高気温が16℃をマークしたりと「本当に冬か?」という気候が続きます。


熊本では移動も車がメインですので、巷でよくあるような保温性抜群の超ヘビー級アウターなどは着る必要もなくて、冬はスウェット・パーカーの上からサクっと羽織れるアウターを着るだけです。


といっても冬は冬なので、気を抜くと寒い…。


冬シーズン、僕がコーディネートの際にどこに一番気を使うのかというとスウェットの厚み
いわゆるオンスと呼ばれるものですね。


このオンスというのは厚み(重さ)を表す単位のことでして、アメリカ生まれの単位なので日本でもあまり馴染みがありません。


Tシャツは5~6オンススウェットは10~12オンスが主流ですね。


数字が大きいほど、分厚く、そして重たいということになります。
それに比例して保温性は高まり、着用時の寒さによるストレスを被ることが無くなります。


さて、本題に移りますが、今回の新作”HAVE A NICE DAY” Hevy Weight Pull Over Hoodieには12オンスのボディを採用しております。
裏地も起毛されており、ヘビーオンスのしっかりした生地感も相まって、保温性の高さは群を抜いています。


”HAVE A NICE DAY”


これはアメリカ国内でよく使われる挨拶で、昨年僕がサンフランシスコ買付に行った際もスーパーのおばちゃんやスリフトのおじさんなんかも頻繁に挨拶してくれました。


日本ではお店の中で、


「いらっしゃいませ」
「ありがとうございます」


なんて業務用語しか飛び交わないからとても新鮮でした。
メッセージ性のあるめっちゃイイ言葉だし、着る人も、そしてそれを見る人も嬉しくなるようなパーカーを作りたかったので今回製作に至りました。


【ディティール詳細】
フードの紐も2トーンカラーを採用。これだけで主役級に目立ってくれます。






袖のDARGOプリントもフード紐に合わせてプリント。インクも紐のカラーリングに合わせて調合しています。







個人的にはフードが立体的にスタンドするこのシルエットも好きです。
しっかりした良いフーディーの証拠はパーカーが立つかどうか。だと思います。
 
 
 
 
 
 
胸元のプリントも2版重ねています。
2版重ねる(2回刷る)のですが、手間をかけることでより立体感のあるプリントに仕上がります。





脇にも伸縮性の高いサイドパネルを備えています。これは1934年にchampion社が開発し、今日まで愛されているディティールです。

ちなみに…
糸の編み目を縦で編んでいるウェア(特にコットン100%)を乾燥機にかけると急激な縮みを起こしてしまいます。
縦方向への縮みをカバーすべく、編み目の方向を横向きに変更し、サイドパネルが生地の収縮をフォローしながら動きやすさを加えています。





【STYLE】



171㎝ 58kg / サイズM着用



実際に着用してみた感想ですが、12オンスもありますし、とにかく暖かいので着用していて安心感があります。


カラーリングは全4色とも若者の主張が栄えた70’s American を意識しています。
ノリの良いカラーリングをご用意しておりますのでお好きなカラーを是非お選びください。(全部所有したいくらい気に入っています)


デザインは計3版構成。
プリントは専用スタジオにてスタッフが1点1点を手刷りで行っており、気温や湿度で微妙に異なる仕上がりを見せるウッド枠シルクスクリーン版を使用。


インクも水性インクを使用しており、時おり生じる版ズレやかすれがTシャツが発展途上だった60年代〜70年代のようなアナログな雰囲気を醸し出しています。


さて、1月6日から「小寒(しょうかん)」ということで、暦の上では寒さがいっそう増す”寒の入り”にあたるそうです。
億劫になってしまう時期ですが、サクッとイージーに着れるスウェットで冬を乗り越えてみてください。



Narimatsu
-------------------------------------------------------
【DARGO CLOTHING STORE】
Original Silik Screen T-shirt Brand
STANDARD & CORE
Claft With Pride, All For You !!
 
e-mail:dargo.japan@dargo2014.com
【DARGO】”HAVE A NICE DAY” Pull Over Hoodie

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします