振込申請プラスApp利用規約

運用開始:2016年8月1日

第1条 適用関係等
1.  この「振込申請プラスApp利用規約」(以下、「本規約」といいます。)は、BASE株式会社(以下、「当社」といいます。)が提供するBASE(以下、「原サービス」といいます。)の会員(以下、「会員」といいます。)が原サービスにおいて販売した商品の代金について、当社から会員への支払いを早期化又は定期化するためのサービス(以下、「本サービス」といいます。)について定めるものです。
2.  本規約は、本サービスの利用者(第3条1項で定義します。)と当社の間で適用されます。
3.  本規約は、原サービスの利用規約(以下、「原規約」といいます。)を補充し又は修正するものであり、原規約と一体として取り扱われるものとします。また、原規約の定めは、その内容及び性質上可能な限り本規約についても適用されます。なお、同一の事項について本規約の定めと原規約の定めが異なる場合は、本規約の定めに従うものとします。
4.  本規約において用いられる用語の意味は、本規約において別段の定めがなされている場合を除き、原規約における意味と同一とします。
第2条 規約変更
当社は、当社が必要と認めたときは、利用者へ通知又は本サービス上で公表することにより本規約の内容を変更することができるものとします。本規約の内容を変更した場合、利用料その他の本サービスに関する一切の事項については変更後の本規約が適用されるものとします。当該変更の後、本サービスを利用した会員または当社の定める期間内に登録取消の手続をとらなかった会員は、かかる変更に同意したとみなされるものとします。
第3条 申込
1.  原サービスの会員で本サービスの利用を希望する者(以下、「利用希望者」といいます。)は、本規約に同意のうえ、当社所定の方法で本サービスの利用を申し込むものとします。利用希望者は、当社所定の手続きを行い、当社の審査を経て、当社が利用希望者の本サービスの利用を承諾した場合に、本サービスの利用契約(以下、「本サービス利用契約」といいます。)が成立し、本サービスを利用できるものとします(以下、本サービスを利用できる者を「利用者」といいます。)。
2.  前項の当社の審査により、利用希望者の本サービスの利用が不適当と認められて、本サービスの利用が拒否された場合、当社は利用希望者に対して不適当と認めた理由を開示しません。
3.  利用希望者は、本サービスの利用申込において、当社の求める情報、資料を提供するものとします。
4.  前項により利用希望者が当社に提供した情報、資料が虚偽であった場合、当社は本サービスの利用の承諾をした後であっても、利用者の本サービスの利用の停止、本サービス利用契約の解約等の措置をとる場合があるものとし、利用希望者及び利用者は予めこれに同意するものとします。
第4条 本サービスの内容
1.  本サービスは、以下の2つのサービスがあり、利用者は以下の2つのうち1つを選択して利用するものとします。
  • a. 早期振込サービス
  • b. 定期振込サービス
2.  早期振込サービスは、以下の各号を内容とするサービスとします。
  • a. 利用者は原サービスのシステム上において商品の発送を確認できることとなった日の翌日から、当社に対して当該商品の販売代金(原サービスのシステム上において商品の発送を確認できる商品の販売代金を、以下、「振込可能残高」といいます。)に関する支払いを請求する(以下、「振込申請」といいます。)ことができるものとします。この振込申請は1日に1回までできるものとします。
  • b. 当社は、前号に基づき利用者からの振込申請を受けた後、別途当社が定める期間が経過した後に当社の定める方法により利用者に対する支払いをするものとします。
  • c. 利用者の当社に対する1回の振込申請における下限金額を、751円とします。振込申請金額が下限金額に満たない場合は、振込申請はできないものとします。
  • d. 利用者の当社に対する1回の振込申請における申請金額が20,000円未満の場合、利用者は当社に対し、別途当社所定の事務手数料を支払うものとします。この事務手数料は、当社から利用者への支払い金額から差し引くことによって支払うものとします。
  • e. 利用者の当社に対する1回の振込申請に基づく当社から利用者への支払いにかかる銀行振込手数料その他支払に必要な費用は利用者が負担するものとします。この支払に必要な費用は、当社から利用者への支払い金額から差し引くことによって支払うものとします。
  • f. 利用者は、早期振込サービスを利用するにあたり、次条に定める利用料を当社に支払うものとします。
3.  定期振込サービスは、以下の事項を内容とするサービスとします。
  • a. 利用者は月に最大6つの締日(以下、「締日」といいます。)を設定し、締日の振込可能残高を別途当社が定める振込日に当社から利用者に支払います。
  • b. 当社から利用者に対する1回の振込金額における下限金額を、20,000円とします。締日の振込可能残高が下限金額に満たない場合は、翌締日に繰り越すものとします。
  • c. 当社から利用者に対する1回の振込にかかる銀行振込手数料その他支払に必要な費用は利用者が負担するものとします。この支払に必要な費用は、当社から利用者への支払い金額から差し引くものとします。
  • d. 利用者は、定期振込サービスを利用するにあたり、次条に定める利用料を当社に支払うものとします。
第5条 利用料等
利用者は当社に対し、当社所定の本サービス利用料を、当社所定の時期に、当社の定める方法により、支払うものとします。銀行振込手数料その他支払に必要な費用は利用者が負担するものとします。
第6条 解約等
1.  利用者は、当社所定の手続きにより、いつでも本サービス利用契約を解約することができるものとします。
2.  当社は、以下の事由がある場合、利用者に何ら事前の通知または催告をすることなく、利用者の利用を一時停止し、または本サービス利用契約を解約することができるものとします。
  • a. 利用者が本規約又は原規約に違反した場合
  • b. 利用者とその顧客間での商品の販売に関する契約(以下、「商品販売契約」といいます。)において、顧客に商品が届かなかった場合
  • c. 利用者から顧客に送付された商品に不備があった場合(顧客が予期したものと異なった商品が送付されたことを含みますが、これに限られません。)
  • d. 利用者自らが顧客となる自己取引を行っている等当社が当該取引を不当と判断した場合
  • e. 商品販売契約において、クレジットカートが不正に利用された場合
  • f. 商品販売契約において実体がない(顧客がクレジットカード会員の氏名を偽証した場合、顧客が他人のクレジットカード(カード番号)を不正に利用した場合、クレジットカード利用の内容が事実と異なる場合を含みますがこれに限りません。)場合
  • g. 商品販売契約において金額相違などの疑義が生じた場合
  • h. その他、利用者として不適格と当社が判断した場合
第7条 免責
当社は、本サービスに中断、中止その他の障害が生じないことを保証せず、当社は、本サービスに中断、中止その他の障害が生じても、なんらの責任を負わないものとします。
第8条 利用期間
1.  本サービスの利用期間は、第3条1項の当社の承諾があった日に開始するものとし、第6条1項若しくは2項による本サービス利用契約の解約があった日、又は原サービスの利用契約が終了した日まで存続するものとします。
2.  本サービスの利用期間が終了しても、それまでに利用者が当社に支払った本サービス利用料は、一切返還しないものとします。
3.  本サービス利用契約が終了した場合、第4条に定める本サービスは適用されなくなるものとします。本サービス利用契約終了前に振込申請があった場合や締日が到来していた場合でも、原規約の定めに従って支払いが行なわれるものとします。

平成28年8月1日 制定