■シミとり洗剤 ザウトマン 洗浄実験 (キムチ編)

いろんな汚れを『ザウトマン』で実際に洗浄試験した一例です。 日常のお洗濯の参考にして下さい。

by ザウトマンショップ

View

42

値段

¥ 1,298

在庫数

50 ~

■シミとり洗剤 ザウトマン 洗浄実験 (キムチ編)

編集日時: 2020/06/01 11:43

以前、焼肉関係の方から依頼があり、頑固な食べこぼし汚れでも結構大変な、キムチでテストしてみました。

キムチの原料の唐辛子には、カプサンチンという色素が含まれています。

色素は付着してから時間をおくと生地に染まってしまい、洗浄しても残ってしまいます。

そこで、キムチの汁を綿100%の生地に付着させ、時間を20・30.40.50・60分放置後、

『ザウトマン』をつけて揉み洗いをし、水でよく流し、自然乾燥させました。

【結果】

・キムチを付着後20分までは、きれいに落ちました。

・それ以降は、時間経過が長いほど、少しづつ色が残ってしまいました。

・その後も室内で放置(蛍光灯・1日約8時間照射)し、経過を見ると、約5日経過頃にきれいに落ちました。

※時間の経過によるシミの残留成分が消失したのは、光による影響だと思われます。

※油などの汚れは簡単に落とせますが、色素は染にも使われるくらい頑固で手ごわいものでした。


■シミとり洗剤 ザウトマン 洗浄実験 (キムチ編)

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします