暑ーい夏におすすめ!大分の郷土料理「あつめし(ぶりの漬け)」のご紹介

暑い夏におすすめ!すぐに食べれておいしい大分の郷土料理「あつめし(ぶりの漬け)」のご紹介です。

by EVERY FISH PROJECT by㈱やまろ渡邉直営店 鶴見食賓館

View

39

値段

¥ 540

在庫数

20 ~

暑ーい夏におすすめ!解凍するだけでおいしい、大分の漁師飯✰

編集日時: 2018/07/02 11:17

関東が梅雨明けし、本格的に夏に突入しました。毎日暑くて料理を作るのが面倒・・・、でも美味しいものを食べたい・・・。

そんな季節に大活躍するのが、ご飯に乗せるだけで本格的な大分の漁師飯が食べられる「やまろのあつめし(ぶりの漬け)」です。

 

「あつめし」は大分県佐伯市に古くから伝わる郷土料理。りゅうきゅう、とも言われ県民に親しまれています。

その昔、漁師が船の上で獲れた魚を捌き、甘口の醤油だれに漬け込んで、あつあつご飯の上にのせて豪快にかきこんだのが始まりといわれる漁師飯です。海に囲まれた魚どころの佐伯市では、豊富に獲れる魚を刺身にして食べた後、残った刺身を次の日に美味しく食べるための生活の知恵として家庭でも愛されているんですよ。

(食べきりサイズの一人分パックも嬉しい♫)
 

 

✰おすすめポイントは以下の3つ✰

①簡単&便利

袋ごと流水で5~10分解凍し、ご飯に乗せるだけで簡単に本格的な大分の漁師飯が食べられるのが嬉しい。お鍋も包丁もまな板も不要です!冷凍なので、好きな時に解凍して食べられるのも嬉しい!「今日はご飯作るの面倒・・・」と思った時にすぐに食べられます。

 

(あつあつご飯に乗せるだけ!でこんなにおいしそう~(*´з`)お好みの薬味で召し上がれ)

 

②新鮮&おいしい

大分県で水揚げされた新鮮なぶりを職人が丁寧に手さばきし、腹身、背身などぶりの身をバランスよく詰めて、特殊な技術で瞬間冷凍しています。魚の細胞の組織を壊さない特殊な方法なので、解凍してもぶりの身がこりこりの歯ごたえ!九州らしい甘口の醤油だれと絡まったぶりの身は、ご飯が止まらないおいしさ!やみつきになる人が続出です。

 

(職人が丁寧に手さばきするぶり!丁寧な仕事をぜひチェックしてください!!)

③アレンジ色々

ご飯に乗せてのりやねぎ等お好みの薬味をのせたり、だし茶漬けにするのも◎また、身にラー油やごま油を絡ませて野菜の上に乗せたユッケ風サラダもおすすめ!アレンジ次第で色々な食べ方が出来ますよ。

 

(お茶漬けには生姜がおススメ♡♡半生のぶりの身はさっぱりして最高!)
 
 
(ユッケ風のサラダは、砕いたナッツをのせると見た目も食感も楽しい♡)
 

「暑い時期は料理が面倒くさいな」「簡単に美味しいものを食べたいな」という方から、一人暮らしでお料理が苦手な方まで、お魚好きな方にはぜひおすすめしたい一品。

遠方で一人暮らしをしているご家族へのプレゼントとしても喜ばれるのではないでしょうか。

 

大分の郷土料理として親しまれている「やまろのあつめし」暑い時期にぴったりの商品ですので、ぜひ一度お試しください(^O^)

 

 

暑ーい夏におすすめ!解凍するだけでおいしい、大分の漁師飯✰

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします