nubuck leather shirt from Europe

ありそうで本当にない春におススメのレザーシャツ!!

by waltz

View

41

値段

¥ 15,800

在庫数

1

nubuck leather shirt from Europe

編集日時: 2021/03/06 17:57

こんばんは!

だんだんと日が暮れるのが遅くなってきたのか春を感じるようになってきましたね。

春は自分の誕生日とも重なるのですごく好きな季節です。

ただファッションとなると寒かったり暑かったりと気候が難しい季節なんで服も困りますよね。。

今日は割とあたたかい?感じはありますが、まだまだ春にはならないですね・・・


そこで今日は春にはもってこいのレザーシャツを!


レザーというよりはヌバックシャツになりますかね!
ヨーロッパから仕入れたシャツなんですが、アメリカのような武骨さがなく、どこか洗練されたような気品のあるシャツなんです。

ヌバックはスエードみたいに起毛していないので、パンツやインナーなどに毛がついたりなどの心配もないですね!
色もベージュなのでそもそも色移りはなさそうです。

写真の通りしなやかで体になじみやすい感じのヌバックです。そもそもレザーシャツって存在自体が少ないんです。。。



そしてこれ、まさかの背面の仕様もめちゃくちゃかっこいいんです!
こんなデザイン本当にありません。。。
前面同様ですが、ボタンはくるみボタン仕様になってます。くるみボタンだけでも評価高いです!(個人的ですが。。。)
くるみボタンって前職での経験もあるのですが、意外と大変な仕様なのです。工賃仕事だけでも結構お金かかるところです。

前を開けて白シャツにオンです!
これが一番いいスタイルかと!かっこいいです。。。
正直売れなかったら自分のものにします。。

アメリカのレザーということを最初の方で言いましたが、個人的にもアメリカのヌバックシャツもっているのですが、
ここまで洗練されていなく、武骨さ、そして毛がめっちゃつきます。。。そこがアメリカらしくていいのかもしれないんですけどね!

コートやジャケットなど羽織るタイプのレザー、スエード、ヌバックの革類のものは多いですが、シャツは本当にないんです。。(しつこくてすいません。)
なので、商品的価値は自然と上がりますね。
国内で普通に同じものを作っても10万円ぐらいはいくのではないでしょうか?
通常、革は全部きれいな革ではありません。
傷があったり、穴が開いていたりときれいなところをとっていくと残りは少なくなるんです。。
きれいなところを集めて作るとなると、それなりの革の量も必要ですし、必然と革の値段も取れる量が少なくなるので
値段があがっていくんです。

この商品はさらにライナーもついているので、着やすさ最高です!

春コート、春ニットもおススメですが、春レザーシャツも!

一枚持っておくのをおススメします!

よろしくお願いします!

542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3丁目2-6 大阪農林会館3F waltz used clothing store
06-6450-8165
open 13:00〜19:00 定休日 水曜日





nubuck leather shirt from Europe

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします