梅雨ですね。今日は『雨の日のお茶』をご紹介です。

雨の日はお好きですか? 今日は漢方茶 烏兎の新作のお茶『雨の日のお茶』2タイプをご紹介しています。雨の日を快適に過ごす漢方茶、ぜひお試しください。

by “漢方と東洋占星術のお茶” 漢方茶 烏兎オンラインショップ

View

135

値段

¥ 1,000

在庫数

20 ~

梅雨ですね。今日は『雨の日のお茶』をご紹介です。

編集日時: 2018/06/11 18:52

こんにちは、漢方茶の通販ショップ、漢方茶 烏兎です。

 

 

いつも当ショップをご覧いただいてありがとうございます。

当ショップではお客様専用のカウンセリングブレンドと、少し変わったオリジナルブレンドを扱っています。

オリジナルブレンドは東洋占星術を取り入れたもののほか、クスリと笑えるネーミングのブレンドをお作りしています。

ショップを覗いていただくと楽しめると思いますので、ぜひ一度お立ち寄りください。

 

『雨の日のお茶をご紹介』


さて、今日ご紹介するお茶は最近ラインナップに加わった 『雨の日のお茶』 です。

 

 

梅雨の季節でもありますが、雨の日はお好きでしょうか?お嫌いでしょうか?

 

私は雨の日が好きなのですが、この 『雨の日のお茶』 は、まだ当店がオープンする前から作りたかったブレンドで、雨の日に飲むことだけを考えて作っています。
とはいえ、普段お飲みいただいても、もちろん漢方茶として働いてくれます。

和漢素材の働きは、湿を除いて排出を促し、体内の水の流れを調える配合です。

湿度が高い日に起こりがちなトラブルに合わせながら、沈みがちな気を巡らせるよう素材を組んでいます。

 

 

『ラインナップは涼タイプと温タイプ』


こちらのお茶は種類があり、雨の日のお茶(涼)と、雨の日のお茶(温)の二種類をご用意させていただきました。

 

雨の日のお茶(涼)は、梅雨から夏にかけての温度と湿度の高い季節に合ったブレンドです。

うっとうしい湿気の多い日に爽やかな気分になること請け合いのお茶で、水出しでもお飲みいただけるようにお作りしています。

※あとで、水出しの作り方を書いておきますね。

 

もう一つの雨の日のお茶(温)は、肌寒い雨の日にお飲みいただきたいお茶です。

水の排出を促す素材のほかに、体を温める素材が加えられています。

少しまったりとした気分の時に飲んでもらいたいので、甘みのある素材と、ちょっとだけクセのある素材をあえて使っています。

漢方茶らしい味になっていますので、漢方茶が好きな方にもお楽しみいただけると思います。

 

『選べるベースのお茶』


また、当店の特徴のひとつでもありますが、ベースのお茶をお選びいただけます。

・緑茶
・玄米茶
・ほうじ茶
・ウーロン茶
・三年番茶
・麦茶
・紅茶
・ジャスミン茶

どのベースをお選びいただいても美味しく飲んでいただけるようになっていますが、あえてお勧めをあげるとこのようになります。

 

・雨の日のお茶(涼)タイプに合うベースのお茶


雨の日のお茶(涼)タイプには薄荷(ハッカ)を使っていますので、ミントティーのようにスッキリする味になっています。

 

 

そのため、ホットで飲む場合、味の相性がよいのは緑茶ですね。
飲んだ時も後味もすっきりとしたお茶になります。

このように緑茶がお勧めではありますが、ほうじ茶は甘く、ジャスミン茶は爽やかさをプラス、麦茶は軽くなど、ベースのお茶によってまったく違う飲み物になります。

ぜひお好みのお茶をお選びいただけたらと思います。

 

<<水出しで飲む場合>>


水出しに向いているベースのお茶をお伝えしますね。

水出しのメリットから考えると、一番のお勧めはやはり緑茶です。

緑茶には体を冷ます効果がありますし、気も巡らせてくれます。

水出し緑茶にはよいことがたくさんあって、お湯では溶けてしまうカテキンやビタミンCを効率よく摂取することができます

緑茶に含まれるポリフェノールの一種であるカテキンは、免疫力を高めてくれることで知られています

逆にカフェインは出にくくなりテアニンなど天然のアミノ酸は出やすくなりますので、苦みが抑えられ旨みを感じやすくなります

 

 

緑茶以外では、もっとも飲みやすいものでは、やはり麦茶ですね。

麦茶ベースにすると、ほとんど麦茶と同じ感覚でお飲みいただけます。

それ以外では少しベースの味が勝ってしまいますが、ウーロン茶、ジャスミン茶なども飲みやすくお勧めです。

ほうじ茶は水出しの場合、あまり味は出ませんが、甘みが加わり個人的には好きな味です。
三年番茶、玄米茶は水出しだとあまりお茶の味を感じられないかもしれません。
ご参考になさってください。

 

***水出しの淹れ方***


水出しの淹れ方もお伝えしておきますね。

ティーバッグの場合は紐を切り落としてもらい、リーフの場合は5gをお茶パックなどに入れてお使いください。

 

 

300ccの水にパックを入れ、そのまま常温、または冷蔵庫で静かに1時間~置いてください。

お好みもありますが、2時間くらいでパックを取り出していただくと、いちばん美味しく飲んでいただけると思います。

 

※写真は緑茶ベースです。色はあまり出ませんが、味はしっかり出ています。

 

パックは軽く振るくらいでそっと取り出してお飲みいただくと、えぐみや渋みが出ず、スッキリとした味をお楽しみいただけます。

 

※ご注意 水出しはやはり薄く感じます。
お湯で抽出したものを冷ましたり、ホットで淹れた雨の日のお茶を氷の上から注いでも美味しくお飲みいただけます。

 

『雨の日のお茶(温)タイプに合うベース』


こちらは気温が低い日に飲んでいただくことを想定した素材になっていますので、ベースのお茶も温める素材がよいかと思います。

 

 

そういう点では紅茶、三年番茶、ほうじ茶がお勧めですね。

香りとクセのある素材を使っていますので、ジャスミン茶はもしかしたら少し合わないかもしれません。

自分でいうのもなんですが、どのお茶も美味しいのですが、素材の味や香りも楽しむには、軽い甘みで優しい味のほうじ茶がよいかと。

 

『年間通してお飲みいただけます』

雨の日のお茶という名前ですが、雨の日が好きな人にも嫌いな人にも、喜んでいただけるお茶をお作りさせていただけたかなと思っています。

日本は海に囲まれた島国で、水毒になりやすい環境にあります。
(※水毒とは、漢方で大切な「気・血・水」のうち「水」が体内で停滞している状態です。むくみやだるさの原因になります)

ですので、梅雨の時期だけでなく、一年を通してお飲みいただければ嬉しく思います。

 

『ティーバッグとリーフタイプをご用意』

便利なティーバッグタイプと、お好きな分量で作れるリーフタイプのご用意があります。

雨の日のお茶(涼/温) ティーバッグタイプ 1,000円

 

 

雨の日のお茶(涼/温) リーフタイプ 900円

 

 

涼、温それぞれお好きなタイプ、お好きなベースのお茶をお選びください。

 

 

※パッケージのカエルが苦手な方は、取ったものでお作りすることもできますのでお知らせください。

 

『質問はお気軽に』

 

まだオープンして間もない当店ですので、お求めも不安かと思いますが、そんな時はどんなことでも質問してもらえたらと思います。

質問はメールでもSNSでも大丈夫です。

こちらからどうぞ。

Instagram @kampocha_uto

Twitter @kampocha_uto

Facebook @kampochauto

LINE@ @pfn5424r

E-MAIL info@kampocha-uto.com

公式サイト http://kampocha-uto.com/

 

漢方茶が初めての方で、これからの季節、まずは何を飲んでみようか?と思われた時も、この『雨の日のお茶』がよいかと思います。

私もほぼ毎日飲んでおりますので、自信を持ってお届けさせていただけます。

ほかにもたくさんの漢方茶をご用意しております。
ぜひ一度、当店にお立ち寄りください。

お待ちしております。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

大切なお客様が健康でありますように。

 

完全オーダーメイド/お客様によい日を選んでお作りする漢方茶 烏兎

 

梅雨ですね。今日は『雨の日のお茶』をご紹介です。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします